中国の美食

 今回、ご紹介するのは中国の美食です。

 まずは熱乾麺です。熱乾麺は中国のトップ10麺のひとつであり、湖北省武漢で最も有名なスナックの1つであり、さまざまな作り方があります。補助材料として、油、塩、サラダ油、ごま油、チャイブ、にんにくの種、塩水汁、薄口醤油を使用します。黄色の熱乾麺は油っぽくて、美味しくて、カロリーも高いので、体に必要なエネルギーを補う栄養価の高い朝食の主食としても使えます。武漢の人々や武漢にしばらく滞在している友人にとって、熱乾麺はもはや単なるスナックではなく、武漢のシンボルとなっています。

 次に重慶酸辛麺です。

 重慶酸辛麺は、重慶市で広く流通している伝統的な地元のスナックの一つであり、常に重慶人のお気に入る美食の1つです。麺はサツマイモとエンドウ豆のでん粉を主原料とし、農家が手作りで作られています。重慶酸辛麺は弾力性を持って、辛くて酸っぱい味と強い香りは食欲をかきたて、人気のある重慶の地元のおやつとして全国の人々に好かれています。「重慶酸辛麺」は、純天然安全な食品であり、独特の味をもち、そして重慶の人々に長い間愛されてきます。さらに重慶酸辛麺はスパイシーで、フレッシュで、酸っぱくて、オイリーだが脂っこくないですから、「世界一」として知られています。

 第三に、四川省成都に起源した串串香です。串串香は、四川省の伝統的な特製スナックの1つであり、庶民の美食として普及されております。串串香は火鍋の別の形態として小火鍋と呼ばれることもあります。

  なぜ串串香と名付けられたというと、竹串に野菜やお肉をのせて、鍋に入れるおやつからのです。串串香は、その独特の魅力と独特の特徴で全国の多くの都市に店舗を開けられ、麻辣烫(まらたん)もその別の形態です。串串香は人がいる場所に存在すると言っても過言ではありません。ある意味で、串串香はもはや四川の味になりました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国