トランプ氏とTik Tok事件

 皆さん、最近はどうお過ごしでしょうか。最近、一番注目されている話題と言うと、Tik Tok事件ですね。それでは、Tik Tok事件のタイムラインを整理します。

 6月20日の夜、トランプ氏は新型コロナウイルスの発生後、初めての選挙集会を行いました。選挙集会はもともと3月に開始する予定ですが、新型コロナウイルスの流行によって、延期しました。年末の選挙が近づいたため、一回一回の選挙戦は非常に重要になりました。そして、この期間はトランプにとって確かに長すぎる三ヶ月でした。なぜかと言うと、新型コロナウイルスの流行だけでなく、5月末に「フロイド事件」によってのデモも行われています。新型コロナウイルスの流行に対しての不適切な対応と「フロイド事件」はトランプ氏の支持率をマイナスな影響を与えました。トランプは「100万人近く」の人々が選挙集会に参加すると予想されているが、現実の状況は、 19,000の席を持つスタジオは6,200人にしか来ていません。

 6月21日の早、トランプはホワイトハウスに戻りました。 「デイリーメイル」新聞社によると、トランプは元気がなく、ネクタイは緩められています。 220万ドルを費やした初めての選挙集会は失敗しましたが、それよりも、メンツの問題です。 CNNの皮肉な評論に対して、トランプは過激的な抗議者の干渉とメディアが集会の否定的な報道が参加したい人の出席を妨げたと述べました。現実の状況は:今流行っているインターネットセルフメディアのTik Tok上、組織化された人たちが、トランプの選挙戦略に対し、意図的に対抗しています。最初のきっかけは、Mary Jo Lauppという民主党支持者がTik Tokにアップロードしたビデオです。

 6月11日夜、Lauppはティクトックでのトランプに対する不満をもらしました。ビデオでは、彼女は見た人に選挙集会のチケットを積極的に求め、しかし集会には出席しないという提案をしました。そして、この提案はK-POPファンによって実行された。K-POPはKorea-POPを指し、そのファンベースのほとんどは青少年です。そして、彼はトランプ対する印象あまり良くありません。したがって、Lauppによって作られたたこの機会を利用して、いたずら性質の活動を開始しました。翌日、Lauppの動画はすでに70万件のいいねをもらい、再生回数も200万回を超えた。 K-POPファンの普及により、より多くの人々が参加し、民主党もこの中で何らかの役を演じたと考えられています。

 7月6日、米国国務長官Pompeoは取材されたとき、Tik Tokを国家安全保障の名の下で禁止することを宣言しました。

 7月20日、米国国会衆議院は、米国政府の通信設備でのTik Tokの使用を禁止する法案を可決しました。

 この事件では、Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグでも重要な役割を果たしました。 Tik Tokが米国のインターネット市場に参入する前に、米国のインターネット市場はFAANG((Facebook、Apple、Amazon、Netflix、Google))を中心に寡占を形成してきた。その中でもFacebookはソーシャル分野の寡占企業です。

 7月29日、米国の4つの主要テクノロジー企業(Google、Apple、Facebook、およびAmazon)が出席したの公聴会で、米国議会はこれらの企業が中国はアメリカのテクノロジーを盗んだどうかについて尋ねました。中国がアメリカのテクノロジーを盗んだと思うのはザッカーバーグだけであり、彼は証拠を持っていると述べましたが、今でもその「証拠」を出していません。

 7月31日、トランプは取材されたとき、TikTokの米国での活動を禁止すると語りました。

 上記はこのTik Tok事件のタイムラインです。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語