中国の銭湯事情

 どんな国でも自分なりの文化がある。特に幅広い領土を持つ中国に対しては南北文化差別がかなりあるわけだ。そして、今日は中国東北地方の銭湯文化(洗浴文化)を紹介したいと思う。“東北出身の人にとって周一、ニ回お風呂に入るのは普通だよ”を聞いたらどう思う?

 信じられない冗談に思われちゃうけど事実だ。日本人って冬でさえ毎日お風呂に入るのは普通だし南出身の中国人も大体同じような習慣があるけど東北では全く違うのはなぜか?

 その理由の1つは天候が乾燥していて汗が出ないためだ。そして、東北出身の方にとってシャワーだけで意味がないので2,3時間でしっかり入浴することを大事にしているからだ。

 こう言った長時間の入浴することが都北の洗浴文化に呼ばれる。文化になされる理由として2つの特徴がありからだ。

1、華やかな銭湯施設

 都北の町において華やかな「洗浴中心」という公衆浴場が次々できている。そして、外装はとても綺麗な一方で中でも高級な装飾がたくさん使わる。多種な浴場が備えたりシャワーやシェーバー、歯ブラシなども用意したりしている。

 こういった入公衆浴場では浴以外にも休憩、食事ができ、さらに家族と、友人と、恋人と、デートで、ビジネス交渉でと様々な用途で利用されている。

2、多様なサービス

 サウナやマッサージはもちろん、休憩室も備えており、入浴したらテレビを見たりマッサージをされたりしてゆっくり休むもよし、個室で食事をしたり同行者と一緒にボードゲームなどをしたりして楽しむもよし。そして、体の洗浄を徹底するために垢すりサービスも提供している。足の指や耳の後ろ、大事な所の周りも全て優しく垢すりしてくれる。今まで見えなかった全身の垢を取ることができるので都北の方にとって、「洗浴中心」に行くなら必ずすることと見られている。

 初めて「洗浴中心」に行って恥ずかしいと思われる方がいるかもしれないが大胆に楽しく試してみればきっといい体験になると思う。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国