世界一の貝殻の家

 山東青島の霊山島は、中国北部の一番高い島で、同じく青島の最も貧しい場所です。平素、観光客がほぼいないのは勿論、現地住民さえ少なくて、島の中学校はただ11人しかいません。島に淡水がなく、物資は極度に不毛で、以前漁民たちは島から離れてしまいました。しかし1人のおじいさんがここで留まって30何年に、そして1棟の世間の注目を浴び貝部屋を造りました。

 その山東おじいさんは肖永生といい、彼はその夢を持ってこの不毛な島に入り込んできました。この貝の家を造るため、彼は33年も準備しました。貝を購入するのは高いため、彼は砂浜で貝を拾いつつ、33年の間で500万個の貝を収集しました。

 肖おじが造ったこの貝部屋は、中国文化と西洋文化の融合が見られています。建物は中国式と西洋式に分けられ、中国式の部分は法螺貝やアワビの殻などを主に、西洋式の部分は真珠と貝殻を採用しました。壁面を装飾することで用いる貝殻の色、大きさは全て似ていて、これらの貝殻を選んでどれだけの手前をかかってしまいましたか、想像できるでしょう!

 1棟の貝部屋を建造する際に、視覚的の美を守るため、貝殻と貝殻の間の間隔はほとんど等しく、屋根装飾用の法螺貝の殻は更に整然と並べなければいけません。33年の心血でこのような1棟の小屋を築き、ギネス世界記録にまで載せられました。

 この建物が建てられた後にいろいろの観光客を引く、霊山島自身の発展につながりました。肖おじの願いと霊山島の経済がウインウインを実現したと言えます。貝部屋に、1階は少しの芸術品を展示しています。二階には肖おじの他のコレクションがあり、建物に用いていなかった貝は展覧います。海辺の小島に一つの貝の家があって、まるでの童話世界のようです。霊山島の物価がまだ低いうち、早速見に行きましょう!

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語