写真家—Saul Leiter(ソール・ライター)】

 ソール・ライターという写真家を知っていますか?彼はニューヨークの街頭風景写真の先駆者であり、2017年に開催した日本初の回顧展で大きな反響を巻き起こしました。彼の写真集『All about Saul Leiter』は今までも版を重ね続け、日本の写真集業界では15刷目という異例のベストセラーとなっています。今日はソール・ライターさんのことについて紹介したいと思います。

 彼は1923年にアメリカのペンシルベニア州で生まれ、七年前の2013年に亡くなりました。彼の父親は有名なタルムード学者なので、小さい頃からずっと神学校に通いはじめました。1946年、神学校の厳格なルールに縛られた生活にこれ以上我慢できず、父親の反対を押し切って神学校を去り、ニューヨークに引っ越しました。

 1940年代後半は、抽象表現主義が台頭してきた時代でした。ライターも、この潮流の中で抽象表現主義の画家リチャード・プセット=ダートと出合い、彼の勧めを受けて写真を撮りはじめ、自分の潜在力も目覚めていきました。これから続く20年間、ライターはファッションカメラマンとして働き、「Show」、「ELLE」、「ヴォーグ」、「Nova」などのファッション雑誌で活躍し、自らのスタジオを持つことになりました。

 しかし、写真に芸術性より商業性が強く求められはじめた80年代、自由な創造性が束縛されるようになりました。ファッション写真に対して大きな関心がある訳でもないライターは、「雨粒に包まれた窓の方が、私にとっては有名人の写真より面白い」という言葉を語りました。1981年に自分のスタジオを閉鎖し、その後はずっとアパートで自ら作りたい作品だけを創造する隠遁生活へ入りました。

 こうして彼の人生経歴を少し調べだけでも、「地位もお金も名誉も捨てるなんて、ソール・ライターはどんな人物だったんだろうか」と思うでしょう。では、ソール・ライターの作品では何が違うのか、彼の写真が私たちの心に強く響くのはなぜなのか。彼の撮影作品はいつも、生活の中の「旅人」に集中しています:道で歩いている人も、理髪をしている若者も、窓のそばにいる老人も彼の主人公です。「人は遠いところまでに行かなくても、美しい景色を見つける」、ライターはこう思ってニューヨークを凝視しています。彼の写真は、準備万端で撮ったものではなく、街で動き回る中で、偶然見つけた風景を収め、心に染み渡るような叙情性や詩情を持っています。これも日本人がソール・ライターのことを特に好きな理由の一つかもしれません。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語