肺炎の影響で学校に行けなけなる⁈ー大丈夫、ネット授業がある!

 中国では、三月と言えば、冬休みが終わり、学校が始まる時期です。しかし、今年の三月は、各地の小中高大学は例年のような賑やかな雰囲気がなく、まだ静かで、人気がないです。何故かというと、新型肺炎の影響で、中国のすべての学校は休校状態にあり、学生たちはまだ学校に戻っていません。

 非常事態には非常対策が必要です。新型肺炎の教育への影響を軽減するために、中国教育部は「停课不停学」、つまり、「授業はやめるが勉強は辞めず」という方策を決定し、各学校にオンライン授業を開始させるよう促しました。教師たちは「アナウンサー」になり、オンライン教育は学校教育の一時の「代替策」となりました。

 しかし、当然ながら、新しい試しには、多くの問題がついています。多くの教師の最初のオンラインレッスンは、不慣れやネット故障などの原因でつまずきました。逆に、もともとインターネットに詳しい学生たちにとって、オンライン授業に適応することは難しくありませんでした。

 「インターネット原住民」とも言われる「1990年後生まれ」と「2000年後生まれ」は、オンライン授業ではとても活発です。「ネット上の学生たちは現実生活よりも生き生きする」と教師たちは語りました。ネットワークケーブルという「ロープ」は、生徒と教師の間の距離を縮めました。オンライン授業の特定の利点、それは「時間と空間に制限はありません。いつでも、どこでも勉強できる」。

 また、学生の学習状況の問題についても「学生たちは予想以上に積極的です」という声があります。教師の直接監督がないと、生徒たちは教育計画通りに真剣に勉強することができるかどうか、学習効果が損なわれると教師たちは思いました。しかし、教師たちは、ディスカッションエリアで質問したとき、学生は非常に積極的に応答し、知識も十分に把握していたことを気づきました。教師たちは非常に感動し、「自分教え子たちにもっと自信を持つべきだ」と述べました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語