做饭机器人

 学校的食堂通常每顿都要准备几千人份的食物。人们常说“(zhòng)(kǒu)(nán)(tiáo)”,想让这几千人都(mǎn)(yì)可不是件容易的事情。为了保证更(wěn)(dìng)的口味,有的学校(yǐn)(rù)(zuò)(fàn)(jī)(qì)(rén)

 与想象中的不同,在食堂里使用的做饭机器人(bìng)(fēi)有手有脚的人形机器人,而是看上去很普通的机器。可别(xiǎo)(kàn)了这机器人,它们掌握了中国(pēng)(rèn)的“(shí)(bā)(bān)(wǔ)(yì)”,能(xián)(shú)地蒸饭炒菜。而且和人工相比,做饭机器人不会(pí)(juàn),可以随时“(shàng)(gǎng)”。由于做饭机器人对(huǒ)(hou)、时间的掌握更加(jīng)(què),使用做饭机器人比普通人工做饭更(jié)(shěng)时间。有的食堂统计过,做10人份的食物一般需要5千克食材,人工(chú)(shī)炒制至少需要半小时,而做饭机器人只需要5分钟。

 不擅长做菜的人看到这样的机器,有没有(xīn)(dòng),会不会也想买一台自己用呢?

重点单词:

众(zhòng)口(kǒu)(nán)(tiáo):多くの人の食事の好みはそれぞれ異なっているのですべての人の好みに合わせて料理することはできない,何事か行なう時にすべての人を満足させることはできない

(mǎn)意(yì):満足する,気に入る

(wěn)定(dìng):安定している,変動しない

引(yǐn)入(rù):(外地・国外の人材・技術・事物を地元・国内に)引き入れる,導入する

做(zuò)(fàn):料理する

机(jī)器(qì)人(rén):ロボット

并(bìng)非(fēi):…ではない

小(xiǎo)看(kàn):軽視する

烹(pēng)(rèn):料理を作る

十(shí)八(bā)般(bān)武(wǔ)(yì):武芸十八般,様々な技能

(xián)熟(shú):(動作・腕前・技術・メロディーなどに)手慣れている,熟達している

疲(pí)倦(juàn):疲れ,疲労

上(shàng)(gǎng):勤務に就く

火(huǒ)候(hou):火加減

精(jīng)确(què):誤差がなく正確である,精密である

(jié)省(shěng):節約する

厨(chú)(shī):料理番,台所で料理を作る職業の人

心(xīn)(dòng):心が動く,心を動かすキーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語