モバイル決済

 現在、モバイル決済・コード決済が当たり前になりつつあり、日本ではキャッシュレス化が進んでいる。しかし、中国や欧米に比べると遅れていると言えるのが現状。2019年、中国のモバイル決済利用者は約7億人(中国総人口の約半分)に達すると予測される。

 中国のモバイル決済市場を見ると、AlipayとWechatpayが9割以上、圧倒的なシェアを占めしていてモバイル決済が幅広くの領域に浸透している。

 交通:タクシー、バス、地下鉄、飛行機、船、シェア自転車など

 娯楽:映画館、観光地の入場券など、

 飲食:(ネットで)買い物、小売り、野菜市場、屋台など

 宿泊:民宿、ホテル予約など

 公共サービス:通信料水道光熱費の支払い、罰金支払い、病院予診など

 そのた:神社、寄付、保険購入、割り勘、送金など

 つまり、モバイル決済は日常消費で当たり前に利用できるようになっている。

 中国ではすでに9割以上の支払いはスマホ・コード決済で行われている。モバイル決済サービスの誕生によって、現金を持たずに外出することは今や中国人にとって日常的なことです。特に大都心では現金払いさえできない場合も想像できないほど頻発している。なので、中国旅行するため、モバイル決済は必要になるだろう。

 AlipayやWechatpayを利用する際に、中国の銀行口座に登録必要があるけど日本支店で登録することが可能。ただ、Wechatpayに入金したお金は中国の国外で利用できないことを注意してほしい。また、モバイル決済ではネット環境や電池残量に影響されやすい。セキュリティ問題も多少ある。

 問題点があるとしても両替の手間もなく、現金を持ち歩く必要もない。QRコードを読み取るだけで支払いできるモバイル決済サービスは必須と言える。これから中国を訪れる際に、まだ利用していない人はぜひアプリをダウンロードして使ってみてください。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語