内巻きの時代

 近年、「喪」は中国の若者の情緒を表現するキーワードになっています。喪は「気分は良くない」や「不愉快」などを意味しています。2020年には、「喪」という情緒は新しい形になり、「内巻き」という社会形態になっていきます。

 社会学用語として使われている「内巻き」の本来の意味は、社会発展または文化発展のパターンがある特定の段階に停滞して、次の階段に進んで行くことができない現象を指します。流行った後、新しい現象を解釈します。例えば、各業界にある非理性的、または非合理的な競争を意味しています。

 こういう現象はすべての業界とすべての職業に広がっているようです。これはまさに社会の急速な発展の下で個人がもう一歩を突破することは困難であることを反映して、現在の中国社会不安を表します。

 「内巻き」と比較して、「俺はブルーカラーだぜ」の流行りのほうがより複雑的な社会的感情を持っています。普通の従業員であろうと社会的エリートであろうと、一夜にして誰でも「俺はブルーカラーだぜ」と主張しました。そして、「俺はブルーカラーだぜ」をテーマにしたスローガンは作成されています。例えば、「おはようございます!ブルーカラーである私へ!」というスローガンは大人気になります。重い責任を背負っている人々は「ブルーカラーはいい人だ!」というような面白いスローガンを使うことで、ある程度で実社会のプレッシャーを和らげることができます。言い換えると、人々が「俺はブルーカラーだぜ」を使って笑ったり、嘲笑したりする後ろに、人生の無力さを表現しています。

 このようなネガティブなスローガンは、内巻きという環境に直面している人々は自分の弱さを認める表現の一つです。ある程度で否定的な意味をしていますが、前向きに努力することをあきらめることでもありません。人々は互いに励まし合ったり、慰め合ったりしているだけです。彼らは依然として未来に憧れを抱き、努力を通じて将来の幸せな生活を達成することができると信じています。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室、