中国におけるコロナウイルスについての最新情報

 皆様、最近いかがお過ごしでしょうか、やはりコロナウイルスの影響で、ずっと家にこもっていますか。さて、今日は中国におけるコロナウイルスの情報について、紹介したいと思います。

 4月18日午後7時「Live Out to the Dark Moment」グローバルライブブロードキャスト会議が開催されました。中国工程院の学者である鐘南山、上海交通大学医学部付属瑞金病院教授、党委員会の書記である瞿介明、復旦大学附属华山病院感染病科主任、張文広などの中国の疫病専門家がメインフォーラムに参加し、生中継で米国、英国などの国の専門家と、コロナウイルスの予防と診断に関する新たな経験について対話しました。

 対話中に、鐘南山は「中国の新型肺炎の診断と治療の最新情報」というタイトルで、中国における流行病の予防と管理に関する最新の情報を共有しました。その中、関心を集めたのは無症状感染者です。しかし、無症状感染者に関する学術研究は限られており、多くの研究が正式に発表されていない段階にあるにもかかわらず、鐘南山は依然として無症状感染者の予防と治療は今後の焦点であることを示しました。

 5月7日のスペインのメディアLe Mondeのレポートによると、世界で最も重要な感染症リスク評価機関の1つ、ミネソタ大学感染症政策研究センターは、コロナウイルスの将来の発展についての研究報告を発表しました。ミネソタ大学感染症政策センターはその報告の中で、コロナウイルスの将来の発展は依然として「予測不可能」という状態にあると認めたが、将来3つの状況があり得ることを指摘しました。

 1つ目の予測は、この春で発生したのコロナウイルスの流行が基本的に終わった後、数回の小規模な流行があり、1年や2年ぐらい続き、2021年まで徐々に消えます。

 2つ目の予測は一つ目の予測より深刻で、2021年に弱まるまで、2020年の秋と冬にさらに深刻な大流行が起こるという予測です。

 3つ目の予測は、間違いなく私たちが最も期待する状況で、新しいコロナウイルスの流行は、ピークに達した後、ゆっくりと消えるという予測です。

 皆様はどう思われますか、やはり早く収束するのが一番ですね。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国