コロナウイルスに影響された「春運」

「春運」とは、春節の運輸のことで、毎年旧正月頃に中国で発生する大規模な高い交通輸送圧力の現象を指しています。春節を中心に、前年の太陰月15日から翌年旧正月の25日に至るまで、合計で約40日あります。国家開発改革委員会がコントロールし、交通輸送部、航空局がそれに従い、統一的に特別な輸送手配を行う全国輸送ピークを「春運」と呼びます。一般的な意味では、「春運」は、中国本土と香港、マカオ、台湾間の交通、および国際交通を除く、中国本土の都市間交通を指します。

「春運」という言葉は、1980年に人民日報に初めて登場しました。過去30年で、「春運」の人口流動回数は1億から2015年の37億に成長しました。これは、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアの総人口に相当します。

「春運」の形成は4つの原因があります。

1.経済発展は不均一である。

2.運輸力が不十分である。

3.普段の休日が少ない。

4.中国の伝統的な概念の影響。

不均一な経済発展により、多くの人々が「春運」期間で移動しました。改革開放以来、人口移動の制限が緩和され、ますます多くの人々が仕事と勉強のため、未開発地域からより発展した地域に就職、勉強することにし、したがって大量な人的資源が流動しました。しかし、交通機関はこの短期間で、これほどの大規模な人口移動のニーズを応えることが難しいです。また、 普段では休日が少なく、人々は春節の期間中にしか故郷に戻れません。そして中国では、春節は一年中で最も重要な祝日であり、一年の始まりです。家族からどれだけ離れていても、ほとんどの人は大晦日に家族と再会して共に新年を過ごします。そのため、多くの人々が帰省し、「世界的にも希少な大規模人口流動」と呼ばれる「春運」が形成されました。

しかし、この辛いですが幸せな故郷帰りの旅は今年コロナウィルスの影響で、今年1月10日から27日まで、中国の鉄道、道路、水路、民間航空の合計乗客数は120万人で、前年同期と比べ、4.3%減少しました。もともと1月29日前後に迎える人口大移動のピークは今年「隔離」との観点から会社の営業再開、学校の開校などぜんぶ見合わせになっています。今回の感染は既に中国経済に多大な影響を与えています。これから中国政府や民衆の力を合わせて、できるだけはやくコロナウイルスを克服し、感染拡大を抑えることを願うしかありません。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語