白頭山

 白頭山(はくとうさん)は、中国吉林省と北朝鮮両江道の国境地帯にある標高2,744mの火山である。白頭山の最高峰は北朝鮮内の将軍峰で、海抜は2,749 mである。中国国内最高峰の白雲峰は海抜2,691 mである。 頂上には天池と呼ばれるカルデラ湖がある。満州を潤す松花江、および中国と北朝鮮の国境である鴨緑江・豆満江はこの山を源と発している。10月中旬から6月中旬までは天池は氷に覆われる。天池の周りは2,500mを超す16つの峰が取り囲んでいる。その最高峰は将軍峰であり一年の8ヶ月は雪に覆われている。

 天池から北に出る川があり、出てすぐのところで落差70mの滝長白瀑布を形成している。白頭山の天池には入水口がなく、出水口しかない。いかだ川は天池の出水口で、天池と長白の滝を結ぶ「白いきずな」で、全長1250メートルで、世界で一番短い川です。天池の水はいかだ川を通ってまっすぐに流れて、落差68メートルの長白の滝を形成して、世界の落差の最大の火山湖の滝でギネス世界記録に入れて、同時に中国の第3大江の松花江の源である。

 白頭山には北坂、西坡、南坡があって、その中の多くの人は北坡、西坡の中から選ぶ。

 西坂では天池の全景が見られる。北坂より人が少なくて、写真を撮る時間が十分ある。西坡と北坡の最大の違いは主に天池とグランドキャニオンであり、西坡の高山花園は7、8月が一番きれい。西坡の施設は比較的完備していて、白頭山の原始的な姿を残している。最も壮観で、典型的な火山地形風景の風景区である。西坡は白山市撫松県の境内にあって、観光スポットは北坡より多くはない。エコカーは中腹までしか運転できない。残った部分は1400以上の階段を歩いて登るので、遊びに来た人は自分の体力を考えないとできない。

 北坂は伝統路線で、観光スポットが多く、開発が早かった。最も一般的観光の仕方はオフロード車で頂上に着き、天池全体を見下ろす。北坂は天池のほかに、地下の森や滝、小天池などの観光スポットもおすすめする。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、