新疆の食文化

 新疆の食文化は、オアシスの農耕と牧畜、およびウイグル系民族の歴史が基盤となり、その独自の風味をもつ料理は中国全土に広まります。今回は、新疆の食文化を最も代表する3つの料理を紹介していきたいと思います。

第一位 「焼全羊」

 羊の丸焼きはウイグル料理の極みとも言われています。焼全羊1歳以内の子ヒツジを使います。小麦粉、塩、卵、ショウガ、胡椒とクミンなどの香辛料をかき回し、調味料として作り、処理した羊の全身に塗ります。そして、長い金属棒を使って固定して、大きいオーブンのような焼く設備で焼きます。子ヒツジの肉は柔らかく、羊肉のくさい匂いはありません。外の皮はこんがり、中の肉は柔らかです。薫り高く飽きのこない味です。

第二位 「大盤鶏」

 大盤鶏(ダーパンチー)は1980年代に新疆の路傍のレストランの職工料理として生まれたものです。主に鶏肉とジャガイモの角切りを炒めたり煮込んだりするものです。色艶は鮮やかで、なめらかでスパイシーな鶏肉とホクホクなジャガイモの味が絶品です。食卓を彩る一品として仕上がっています。最後はその煮汁に白く柔らかい麺をつけて食べれば締めも完璧です。

第三位 「手抓

 手抓饭 はウイグルの人々にとっての最高の料理だと言われています。 まず、具のエビや貝などの魚介類、鶏肉などの肉類、キノコやタマネギなどの野菜類を食べやすい大きさに切り、弱火で軽く火を通すくらいに炒めます。そして、インディカ米を研ぎ、熱したフライパンにバターを適量に溶かし、米の色が透き通るまで炒めます。米は生のまま炒めたり、研いだ後、30分ほどザルを使って水気を切っておいたりする方法もあります。最後、米と調味した同量のスープを合わせ、具を載せて、通常と同じように炊き上げれば完成です。手で握ったお米は、色、味、香りに特徴があり、食欲をそそります。炊きあがったご飯はツヤツヤだし、とてもおいしいです。一度食べたら思い出すたびに涎が垂れます。

中文
中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室,中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室