中国の甘塩の争い

 今日は中国の面白い社会現象を紹介します。

 甘塩の争いとは、中国大陸のネット上で豆腐脳、粽、団子(元宵)、月餅などの中国の伝統的な食べ物の味と作り方について論争する。ある種の食べ物に対する論戦の中で、甘いものは甘いと考える人を「甘い党」と呼びます。塩味のはずを「塩党」と呼びます。そこで、議論になる伝統食を紹介します。

 論争の火種として、豆腐脳は大評判です。

 甘い豆腐脳:多くは豆花にシロップをかけて、各種の甘い口の配合された原料を加えて作ったので、食べ始めるのは甘い香りが柔らかくて滑らかで、口当りは比較的にさわやかで、南方の地区で豆腐の脳は大部分が午後のお茶として食べて、その中で多くの配合された原料を添加することができて、夏に凍った後に芋の円などを配合するのは1碗のおいしいデザートです。

 しょっぱい豆腐脳:北方の多くの地区にとって豆腐の脳は朝食として食べて、その他の小麦粉を組み合わせて、そのためしょっぱい味は主流の存在になって、ニガリと調味料をかけて、更に香菜をまき散らして、しょっぱい香は人を引き付けて、入り口は柔らかくて滑らかで、完璧な1食事のためになって、夏季の塩分の吸収はさらに体液の流失を減らすことを助けて、そのために深く北方の地区が好きです。

 甘い粽:多くは小豆や純米などで作られています。砂糖を入れて食べ、どろどろと甘い粽も時代とともに多くの新しい食べ方に変化しました。蜂蜜とともに甘くて美味しいです。老人と子供に好かれています。昔は北の地方ではもち米の生産量が少なく、麺類を主食としていましたが、粽はお祭りの時にお菓子として存在していました。

 

 

 しょっぱい粽:しょっぱい粽はすべてベーコンなどを材料にして、蒸して火が通った後に油の香を満たして、食べ始める口当りのしょっぱい香りは柔らかくてもちが良くて、もち米を生産する南方にとって、ちまきは主食として存在して、南方があっさりして塩で食品を漬ける習慣があって、ちまきの中で各種の漬け込んで肉類を漬けるのも1種の習俗になって次第に広く伝わってきます。

 

教室、中国語、東京東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、