2020年中国で最も人気のバラエティ番組

 2020年6月から放送が始まった中国のバラエティ番組「乗風破浪的姐姐」(「波乗りのお姉さん」)はネット上の話題をさらい、夏一番人気の番組となります。30名の美魔女たちが泊まり込みの集団生活をし、出演曲ごとにクループ分けをされ、何回かの選考を経て、最終的にアイドルグループとしてデビュー出来るのは5名だけです。初回目の放送に出演した30人の「大人の女性」の意外な一面は、年齢による偏見や「女性スター」に対する固定観念を打ち破り、30歳以上の成熟した女性の様々な魅力を感じさせています。

 「乗風破浪的姐姐」の人気の秘密は、その真実性があります。番組の中で、彼女たちは芸能人の持つ完璧なイメージを打ち破り、女優たちの真実な一面を露わにしました。もともとすでに多くのファンを抱えている人気女性芸能人30人が出演して、コンテストで競い合うというこのバラエティ番組では、そのプロフェッショナルな歌唱力やダンス以上に、彼女たち30人の個性がより注目されています。

 この番組を通じて女性たちの隠されたたくさんの魅力ガ明らかになっていきます。39歳の歌手・鄭希怡(ユミコ・チェン)さんは、ステージに上がれば、クールでさっそうとした美しさを備えた90年代の香港地区のスターのオーラを存分に醸し出しています。しかし一方、舞台から降りると話が少なく、とても静かで、大きなギャップが多くの人を引きつけています。

 視聴者はこの番組を通して、年齢は決して女性の成長の妨げにならないと感じられます。出演者の一人である钟丽缇(クリスティ・チョン)は、「50歳だけど、心は20歳。どの年齢にも、その時その時の魅力がある」と言いました。伊能静(アニー・イー)も微博(ウェイボー)で、「主婦として何年も過ごしていて、自分が誰なのか忘れてしまいそう。だから番組に出演することは自分を解放させるため」と言いました。

 この番組が注目されるまで、年齢というものは女性、特に女性芸能人にとって、タブーの話題であったが、「乗風破浪的姐姐」は、そんな女性芸能人たちの素敵な歳の重ね方を視聴者に示しています。この番組に出演した女性芸能人は、人生の谷間や非難を経験し、離婚してシングルマザーになった芸能人もいます。でもみんなは美しく、明るく楽しい人生を送っています。30歳でも40歳でも、50歳でも、満面の笑みで、自信を持って、きらきら輝いています。そんな彼女たちを目にして、「年を取るのはそんなに怖くなくなった」というコメントがありました。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語