意外と知らないバレンタインデー

 ご存知のように、バレンタインデーは西暦2月14日です。しかし、中国では毎年恒例のバレンタインデーに満足していない若者たちが多くいます。そこで若者たちはさまざまな日にバレンタインの意味を与えました。

 2月14日はともかく、5月20日にはバレンタインデーという意味も込められています。中国語では520の発音は「我爱你」(私があなたを愛している)と似ています。だから、ネットでメディアに紹介されて、5月20日はもう一つのバレンタインデーになりました。若いカップルたちはこの日デートしてプレゼントを交換します。

 このほか、中国の古い伝説によると、中国では旧暦の7月7日(七夕節)に牛郎と織女がこの日再会しますので、円満な婚姻を求めるため、中国のカップルはこの日を中国のバレンタインデーと見なしています。今年の七夕節は8月14日となりますので、八月に入ると各企業はこの絶好のチャンスを見逃さないように、各種のメディアを用いて宣伝を社会に広めていきます。

 中国でも日本と同じ「織姫と彦星」の物語であるものの、七夕は「乞巧節(きっこうせつ、裁縫や刺しゅうが上手になるように祈る日)」とも呼ばれていて、これは織姫が裁縫を司った神であることからきているといわれています。中国では近年、七夕は中国伝統の「バレンタインデー」とも言われていますが、日本の七夕で最も重要なのは願い事をすることです。日本では手芸の上達を祈るところから、健康や良縁、家庭の幸せなどを祈るイベントになり、織姫と彦星が1年に1度会う日に恋人のためのイベントも行われているものの、中国ほど内容は変化していないです。

 数字の1は棍棒のようにみえて、中国では独身者は“光棍”とも言われています。だから毎年の11月11日は中国の若者に「光棍節」と呼ばれます。この日はシングルデーですが、多くのカップルがこの日にデートに出かけ、独身者の前でラブラブを披露します。しかし、ここ数年、ネットの宣伝の下で、11月11日はすでにネットショッピングのお祭りになりました。たくさんのオンラインショッピングのプラットフォームはこの日にイベントを行って、プロモーションを行います。人々もこの日にネットでたくさんのものを買います。

 最後は毎年12月25日のクリスマスまたは12月24日のクリスマスイブです。この二日間はいつもロマンチックな意味を与えられています。カップルたちはこの二日間でデートや買い物をするなど、一年の最後のバレンタインデーにもなりました。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語