寺院【下】

 中国の歴史は5000年もあり、最も古い国です。寺院は中国の芸術の宝庫であり、中国の長い歴史と文化の象徴です。前回のブログでは、最も古い寺院白馬寺、南禅の五山の一つ霊隠寺、世界第一名刹少林寺を紹介しました。さて、今回はどのような寺院が紹介されるでしょうか、一緒に見てみましょう。

「寒山寺」 

 蘇州市姑蘇区に位置する寒山寺は、南朝萧梁代天监年間(西暦502年-519年)に建てられました。漢山寺は、唐の詩人張継が「楓橋夜泊」を書いて以来有名になりました。寒山寺は古くから鐘の音で天下有名で、毎年大晦日には鐘を鳴らす式典が行われます。鐘は108回鳴り、古いものを取り除き新しいものを歓迎する意思を示します。 観光客も鐘を鳴らすことができますが、休日には人が多すぎます。

「隆興寺」

 大仏殿としても知られる、河北省石家荘市正定郡にあります。隋文帝開皇6年(西暦586年)に建てられました。歴史上、多くの皇帝が詩を書き、記念碑を立てました。 龍興寺の北側には、「紅楼夢」の中に書いている栄国大邸宅と寧栄通りに基づいて建てられた建物群があります。主なスポットは戒壇、大悲閣、無門寺、天王殿、摩尼閣、転輪蔵閣などです。

 中国人は古くから焼香して仏を拝むこと風習があります。旧暦毎月の一日と十五日に寺院に行って焼香して仏を拝み、平和と幸運を祈ります。それは信仰と民俗習慣であり、特に春節の期間中、人々が仏教寺院で中国の新年の最初の焼香をして、世界の平和と繁栄を祈ります。

 この5つの寺院に一回行って見ませんか?

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国