寺院【上】

 中国の歴史は5000年もあり、最も古い国です。寺院は中国の芸術の宝庫であり、中国の長い歴史と文化の象徴です。 寺院文化は、中国の様々な王朝の歴史的遺物を完全に保存しており、人々の宗教的信念の拠り所であるだけでなく、歴史文化が出会う場所でもあります。

1、白馬寺 

 河南省洛陽にある白馬寺は、東漢時代の永平十一年(西暦68年)に建てられ、1900年以上の歴史を持ち、中国で現存している寺院の中でも最も古いです。白馬寺の元の規模は非常に大きいで、長年にわたって何度も再建されており、現在では4Aレベルの国家的景勝地となっています。景色も良く、仏教の雰囲気は非常に強く、静けさと荘厳さが満ちた寺院です。しかし、有名がため、人が多すぎて、多くの観光客が参りに来ます。

2、霊隠寺 

 またの名は雲林寺、浙江省杭州市に位置し、東晋時代咸和元年(西暦326年)に建設されました。霊隠寺は、南禅の五山の一つとして称賛されています。霊隠寺は西湖の西側にある飛来峰の近くにあり、西湖からそれほど遠くなく、美しい自然の風景と静かな環境にあります。千年の古刹である霊隠寺は霊力のある寺と信じ、特に元旦の早朝にはお参りに来る信者がとても多い。

3 少林寺 

 少林寺は、河南省鄭州市の嵩山五乳峰の下にあり、北魏時代太和十九年(西暦495年)に建てられました。少林寺は世界的に有名な仏教寺院で、中国仏教の歴史上重要な位置を占めており、「世界第一名刹」として知られています。 唐の時代では、世間が少林寺に対しての評価は非常に高く、禅宗と武術で世界に知られていました。 少林寺は全国5Aレベルの景勝地であり、お参りに来る観光客が非常に多いです。そして、実は少林寺には付属の学校もあります。少林寺釈小龍武術学院(元少林寺武術学校)は1980年に設立され、中国で最も早い本格的な武道学院であり、文学、武道、才能の訓練を統合した総合武術学院です。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国