太極拳

 太極拳(たいきょくけん)は、中国武術の一派です。東洋哲学の重要概念である太極思想を取り入れた拳法として知られています。

 太極とは、『易』の生成論において陰陽思想を結合した概念です。この図は古代中国において流行した道教のシンボルとなり、魚の形に見立て、「陰陽魚太極図」と呼びます。黒色は陰を表し右側で下降する気を意味し、白色は陽を表し左側で上昇する気を意味します。魚尾から魚頭に向かって領域が広がっていくのは、それぞれの気が生まれ、徐々に盛んになっていく様子を表し、「陰が極まれば陽に変じ、陽が極まれば陰に変ず」このようなメッセージを伝えています。

 太極拳はこのような包容力を備えた理念的な運動形式です。伝統的な太極拳は、動作が連綿と続いて、軽やかに柔らかく、自然な動作の特徴を十分に強調して、太極拳の意を十分に身につけて剛柔兼備の技術要求を際立たせます。

 太極拳は上と下、内と外を一緒に鍛えられます。手と足の合、肘と膝の合、肩と股の合など外三合を目指す。体全体の動きや静かさなどを一致にします。各動作には円滑さと自然な軟らかさ、および体と脳を同時に鍛えることが求められます。この二つの動作は最も基礎的で、最も簡単な動作ですが、初心者が心身をリラックスさせて、臓腑を調和させて、陰陽を平衡させて、血液の循環を促進させ、免疫力を高めことなどにはとても良い作用があります。

 太極拳は流派によってかかる時間が違いますが、基本的に10~30分程度です。朝起きた後でも、仕事の合間の休憩時間でも、夜寝る前でも、できるのです。短い時間でも効果が高いです。そして、道具もいらず、覚えてしまえば、場所・時間・環境の制限を受けず、いつでもどこででも一人で愉しむことも太極拳の魅力です。

 「太極拳」というと、「お年寄りの健康体操」というイメージを持たれる方も多いようですが、実は太極拳は、中国の皇帝も身につけていたという「歴史と伝統ある武術」なのです。太極拳は本来、相手を倒す戦闘法として生み出されたもので、武術としての完成度が高いものになっています。現在の太極拳は健康的な面が意識されます。中国では市民が朝の公園などに集まって、練習を行っている光景がよく見られます。 日本国内でも愛好者は多いです。近年では欧米でも、健康維持として、太極拳を行っているひとがおおくなってきたそうです。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国