甘味による「喜び」、いいことですか?

 「生活が苦しいのだから甘い物を食べたい」と考える人が多いため、さまざまなスイーツと飲み物が飛ぶように売れています。甘い物を食べた瞬間は、確かに幸せ感が倍増できます。ただし、この喜びは本当にいいことですか?

 ネガティブな感情に支配されている時に甘い物を食べることで気が晴れることは否定できません。これは甘味がドーパミンの生成を促進するからです。中枢神経系のドーパミンは興奮や喜びを伝達します。しかしこの甘味による「喜びの錯覚」はいずれ失われます。この喜びがドーパミンの報酬作用によって生まれるもので、本当の喜びではないからです。

 人が糖分を摂取すると、糖分は舌の味覚受容体を刺激し脳に信号を伝えて、脳内の報酬作用を活性化します。この作用は薬物乱用のドーパミンの報酬作用と似ており、摂取する糖分が増えるほどドーパミンの分泌が増えて、強い興奮を覚えます。体は初めて甘い物を食べた時のポジティブな感情を賢明に記録します。そのためテンションが下がると脳が「甘い者を食べよう」と注意を促します。糖分への依存が形成されれば、この依存を断ち切ることが難しくなります。また時間の経過に伴い、脳のドーパミン受容体の糖分への感度が下がります。そのため脳は同じ興奮を生むためにはより多くの糖分を必要とするようになり、糖分に対する依存が強まります。このように、糖分を過剰に摂りやすくなります。

 砂糖をたくさん食べると太るかもしれません。歯にもよくありません。甘い物をよく食べると、血糖値がずっと高くなります。血糖値が高いため、多くの器官や腺が正常なホルモンを分泌するのを抑制し、体内の炎症を起こし、最後に多くの慢性病を引き起こす可能性があります。また、甘い物を食べすぎると胃によくないです。甘い物は胃の中に入ると発酵して酸味が増し、胃の酸度が増し、さらに胃の粘膜を傷つけ、胃炎を引き起こす可能性があります。

 実は過剰なあめは健康に影響するだけではなくて、記憶と大脳の機能に対してもとても大きい影響があります。砂糖をたくさん入れすぎると記憶力と注意力が足りなくなります。さらに情緒不安定になり、悲しみや焦慮を感じやすくなり、うつ病の発生率も増加します。

 では、甘い物が好きな人にはどうすればいいですか?

 まず、自分の味蕾を訓練します。砂糖好きの習慣を脱却するには、まず味蕾をあまり甘くない食べ物に慣れさせるべきです。毎週あなたの食品の中から1種のあめを含む食品を取り除くことができて、たとえば朝食は甘い物を食べませんなど、次第に食品、飲み物の中のあめを減らして吸収します。ただし、完全に砂糖を食べることを放棄する必要はありません。新鮮な果物、低脂肪牛乳、無糖ヨーグルトはすべてとても良い選択で、乳製品の中の乳糖は基本的に甘味がなくて、その上大量の蛋白質とカルシウムを提供することができます。また、少しずつ食事の構造を改善し、甘い物依存からの脱却を急がないことにも注意が必要です。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語