飴細工

 中国で熱した飴を吹いて動物や鳥の形を作ったり,台の上にたらして文字や絵などを描いたりする飴細工があり、中国語で「糖人」と言います。

 中国の飴細工は、だいたい吹き飴細工と描き飴細工に分けられます。吹き飴細工はシロップを吹いていろいろな形を作り、そういう芸術は明後期から清代初期まで始まったと言われています。作った時まずに水飴を煮て、麦藁の茎で水飴を少し上げます。そして、この麦藁の茎に息を吹きかけて、水飴を気球のように膨らまし、つまんで、回すなどの手法で様々な形を作り上げます。最後に竹の棒で冷却して成型します。砂糖を吹く人はよく十二支を内容にして体がふくよかな動物を作っています。しかし、吹き出した砂糖は生地が薄く、割れやすいです。

 描き飴細工は石板や銅板にシロップで描いたものです。石板は滑らかで冷たい大理石を使うことが多いです。水飴を煮た後に、小さいスプーンですくい取って、石板の上で線をかけて、図案を構成します。水飴は石板の上ですぐ冷めるので、一気に作りあげます。形が完成したら、砂糖をかき上げ、竹串をつけて、凝結したら完成になります。絵の内容の多くは花鳥獣虫で一部の達人は復雑で素晴らしい芝居の人物を作っています。

 昔から、職人が一つの荷を担ぎ、一端は加熱用の炉具で、一端はシロップと道具です。シロップはサトウキビと麦芽糖の加熱によって作られ、本来は茶色ですが、顔料や色素を加えることで赤や緑を呈することもあります。火加減の制御が鍵で、過熱すれば稀で変形しやすく、十分に加熱でなければ硬すぎて形が作れません。使う道具は簡単で、スプーン形とシャベル形が多いです。職人は銅鑼を鳴らして路上で物売りをしていました。子供を引き付けるために、花鳥獣虫を描かれた円盤に針を置き、お金を払ったら針を回させ、針を指したものを作ります。かつてはとても安かったですが、金持ちではなかった頃において子供たちのお気に入りのおもちゃでした。飴細工は保存しにくて、昔で砂糖が不足していた時に遊んだ後に飴細工を食べてしまいました。今は衛生上の配慮から、飴細工を買う人は観賞目的で食用になりません。

 飴細工の職人は今正月やお祭り、縁日などの特別な日にしか見られません。今、子供たちは多様なおもちゃを持って飴細工の市場はもう失ってしまいましたが民間の芸術として重視されています。大人たちにとって、この小さな幸せは子供時代の思い出として記憶にとどまります。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国