中国で流行っている春節イベントはこれだ!

明日はいよいよ中国旧暦の大晦日になります。皆様、新年あけましておめでとうございます!春節といえば、皆様ご存知のように、家族団らんして、テーブルを囲んで食事をしたり、夜は紅白歌合戦みたいなバラエティー番組を見たりしてなどなどは伝統的な風習ですが、実は近年スマホの普及により、スマホを生かして春節を楽しむことも流行っています。今日はその話についてご紹介いたします。

皆様は「集五福」という言葉を聞いたことがありますか。実は、「集五福」はアリペイのイベントでして、2016年の旧正月期間中に行ったのインタラクティブミニゲームのことです。その目的は、より多くのユーザーを引き付けることと、アリペイユーザー間のソーシャルアクティビティを促進することです。アリペイのアプリで、福字または福字に似ているものをスキャンしたら、和諧福、愛国福、敬業福、友善福、富強福の「五福」がもらえる、更に「五福」を全部集めたら、みんなで2.15億人民元を山分けするとういう活動です。

2016年、アリペイの「五福」イベントが初めて開始されました。 2016年2月7日の20:00時点で、5つの和諧福、愛国福、敬業福、友善福、富強福を集めたのはやく8,000人であり、平均して各人が26,000人民元(約40万円)をもらえる。その日の22時40分までに「五福」を全部集めたユーザーは680,000人に達しました。最終的に、79万人が現金2.15億人民元を山分けして、各人が271.66人民元(約4200円)を受け取ったことが発表されました。 アリペイの公式ブログは後で、合計826,888個の敬業福(一番少ない福)が発行されたと発表しました。2017年、アリペイの「五福」イベントは2,414万人以上のユーザーが「五福」を集めました。そして、2018年に、金額は2.15億人民元から5億人民元に変えました。

 

4年の時間がたって、この小さなゲームは多くのユーザーにとって年の味を感じさせた風習になりました。そのため、福文化はより多くの人々に伝えられました。福の字をスマホでスキャンし、「五福」を集めるために、高齢者は伝統的な福字の春聯を貼り、若者は想像力を生かして、つまようじ、口紅、鶏の骨まで使って福字の形にして、「五福」を集めました。それもまた、春節を楽しむ一種の方法であるかもしれませんね。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語