中国の「小年」

 「小年」は通常、忙しい年の始まりと見なされています。つまり、人々は新年の品物を準備し、ほこりを掃除し、良い年を過ごせるように準備をし始めて、過去と別れ新しい年を向かい、繁栄と幸福を歓迎したいという人々の願望を表現しています。

 地方の慣習が異なるため、「小年」と呼ばれる日も異なります。実際に、伝統的な小年は旧暦の12月24日ですが、清王朝中後期、皇帝が1日前の旧暦の12月23日に祭祀を行って、北部地域の人々はそれに従い、1日前の月の12月の23を祝いました。

 台所の神を祭ることは小年の主要な習慣の1つであり、古人が火を崇拝する習慣に端を発してきました。台所の神の役割は元々、竃と食べ物を管理することですが、その後は徐々に、世界の善悪を調査して賞罰を与えることに伸びました。

 清王朝の半ば以前は、台所の神を祭る日は旧暦の12月24日でした。清王朝中期後期から、皇帝の家族は旧暦の12月23日に祭祀を行っていまして、「費用を節約する」の理由で台所の神を同日祭ることになりました。それ故に、北部の人々も前に一日をもって、旧暦の12月23日に「小年」を祝いました。一方、南部のほとんどの地域では、伝統を従って旧暦の12月24日に「小年」を祝っていました。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室,中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室