五色の養生——中国の食べ物と色

 中国では昔から、食べ物を陰陽五行に対応する赤・黄・緑・白・黒の五色に分けます。漢方医は、五色の食べ物は五臓を滋養し、陽気を補う効果があると考えています。黒色は腎臓を養い、緑色は肝臓を養い、黄色は脾臓を養い、白色は肺を養い、赤色は心を養います。また季節によっても分けられており、春は緑、夏は赤、秋は白、冬は黒で、黄色はどの季節でも良いようです。

 春の緑はなんとなくわかります。万物が芽吹く春ですから、緑のものを食べるのは理にかなっています。漢方医は、肝臓は緑で、五行の中で木に属して、春に属すと考えています。緑の食品は肝胆の圧力を緩和することを助けることができて、肝臓を多く補います。春には、適当に竹の子、青菜、青豆、ほうれん草などの青い食品を食べるべきです。

 夏の赤ですが、赤い色の物は赤い心臓を始めとする循環器系統に良いとされています。赤い食品は心を養って血に入って、そして血のうっぷんを溶かす作用があります。特に夏には、心を養うことが重要です。サンザシ、トマト、赤いリンゴ、唐辛子などの赤色の食品を適当に多く食べるべきです。

 夏に続く秋ですが、秋に良いとされている白いものは、肺などの呼吸器系統に良いとされています。肺の色は白色で、秋に属します。秋にはイチョウ、長芋、梨などの白い食品を多く食べるべきです。

 冬の黒は、黒胡麻、黒きくらげ、ノリなどですが、黒きくらげは体温を下げるはたらきもあるようなのでやや注意が必要です。腎臓の色は黒色で、冬に属します。黒い食品は腎臓にいいし、アンチエイジングにもいいです。冬は腎臓を養うのに適している。そのため、冬は適当に黒胡麻、黒きくらげ、ノリなどの黒い食品を食べるべきです。

 どの季節でも良いとされている黄色の食べ物は、かぼちゃやじゃがいもがあります。脾色は黄色で、四時に全部飼います。黄色の食品は脾臓を補います。特に長夏と各季節の最後の10日間に、黄色の食品を適当に多く食べるべきです。

 こうして見ると、旬の野菜と果物というのはそれぞれの季節に発症しやすい疾病を防ぐ働きをしていることがわかりますね。五色の食べ物をバランスよく摂るのが良いとされています。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語