中国の桜名所

 天気が暖かくなりつつあり、いつの間にか春が訪れました。桜が満開のこの季節に、皆さまにとって花見をする特別なところはございますでしょうか。桜は日本の国花と知られていて、その特別な花びらや優しい桜色は世界中に愛されています。中国にも、「桜名所」といえる幾つかの所があります、今回のブログでは、中国の桜名所をご紹介いたします。

 まずご紹介するのは、中国で最も有名な桜名所です。それは、中国武漢における武漢大学の桜です。毎年3月には、武漢大学で1,000本以上の桜が満開して、春の華やかさと美しさが溢れています。もし機会があれば、武漢大学の桜の下を歩いてみて、若い頃花びらと共に舞った青春を思い出しながら春を感じましょう。

 続いてご紹介するのは、中国青島における中山公園の桜です。青島の桜は100年近く前から始めて植えられており、合計で2万本超えます。青島の桜祭り―「青島桜会」は80年以上の歴史があり、毎年4月と5月に中山公園で開催されます。その際、公園の桜道の両側に何千もの桜が満開になり、各地域の市民が花を楽しみに来ます。

 最後にご紹介するのは、中国北京における玉淵潭公園の桜です。玉淵潭公園は1989年から毎年3月19日から一週間で「玉淵潭公園さくらまつり」を開催しています。玉淵潭公園を訪れる人は、20種類の2,000本の桜と園内限定の桜アイスを楽しむことができます。通常、5月末頃に終了し、これまでには31回目になりました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語