インスタントラーメンであらゆるものを修理する?

 夜遅くまで残業し、お腹がペコペコになった時、湯気がもうもうと立ち込める一杯のインスタントラーメンを拒める人はいないと思います。インスタントラーメンと共に、私たちはどれだけの時間を過ごしてきたのでしょう。

 実は、皆さんご存知でしょうか、インスタントラーメンは空腹を満たすだけではなく、ツールとして物の修理や家具の修繕等もできます。最近、中国の「90後(1990年代うまれ)」の若者・汪偉さんは、人気の動画共有アプリ「TikTokティックトック(中国語:抖音)」に投稿している動画に大きな注目が集まっています。彼は、家中の壊れたところにインスタントラーメンを埋めて修復しました。修理の完成度は驚くべきもので、新しいものと区別できないほどの仕上がりになりました。

 それでは、今回は「インスタントラーメンであらゆるものを修理する」という彼のスキルを紹介したいと思います。この言葉は大げさではないです。まず、もしも下図のように木製のテーブルの表面が焦げて大きく凹んでいたら……普通の人は、業者に頼んで修理してもらうか、丸ごと新品に取り替えるか、見て見ぬふりをして壊れたまま使い続けるか、選択肢は三つくらいでしょう。しかし、汪偉さんは、テーブルの空洞部分に、まずはインスタントラーメンを粉砕して入れました。

 つぎに、粉末スープを撒いて、その後、瞬間粘着剤を塗りつけて、サンドペーパーで磨きました。最後に、赤色の顔料を塗布しました。これで、完成しました。

 さらに、洗面台もインスタントラーメンで修復できます。下図のように陶器の洗面台が壊れてしまったら……皆さん、どうするつもりでしょうか。同様に、汪偉さんはまず壊れてしまった剥き出しの空洞部分に、インスタントラーメンをぶっ込みました。その上から接着剤をぶっ掛けて、固まったらヤスリで滑らかに形を整え、白く塗れば……まるで何事もなかったように洗面台を修復しました。

 ここまで紹介した家具だけではなく、汪偉さんは車でも修復できます。車は鉄鋼で作られているというものですが、インスタントラーメンで修復することは幻想的ことではないでしょうか。車の緩衝装置は穴が空いていました。同じ方法で、汪偉さんはインスタントラーメンで修復しました。

 皆さん、どう思いますか。業者に修理を頼む金がもったいないと感じる人は、とりあえずインスタントラーメンをぶっ込んでみては?

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語