今中国で流行っている音楽スタイル『饶舌rap』の発展

 2017の夏、『中国有嘻哈』という音楽番組の放送によって、『饶舌rap』という音楽形式が流行って来ました。ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられます。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれます。

 初めてラップという音楽形式を中国に導入したのは誰でしょうか。おそらく中国でもあまり知られていないが、TVメディアを通じて、HIPHOPの音楽を中国に導入したのは、1980年代の有名な歌手、林子祥でした。

 早ければ1982年、林子翔の音楽アルバム「LAM // ‘S MUSIC SPECIAL 1982」の中で、オールドスクール・フリースタイルの広東語ラップ曲が含まれました。そして、1990年代には、純粋なアメリカHIPHOP音楽が黄金時代に入り、ラップ音楽が世界にもたらされました。

 L.A. BOYZは、黄立成、黄立行兄弟、および米国のカリフォルニアに住んでいた林志文で構成された男子グループで、台湾のテレビバラエティ番組「ファイブライトアワード」の「ファッションダンスコンペティション」に参加し、アメリカのヒップホップダンスを台湾にもたらしました。L.A. BOYZは1992年に台湾で正式にデビューし、再び真のアメリカ式HIPHOP音楽を台湾にもたらしました。

 中国本土でのHIPHOPの発展は、香港と台湾に遅れをとっていましたが、1992年、戴兵と天宝は中国本土で最初のRAPグループ DDリズムを作り、「Hot Beats」などのアルバムをリリースしました。D.D.リズムコアメンバーの戴兵は、実際は1986年にブラックR&Bダンスミュージックを歌い始め、イングリッシュラップを専門に始めました。1990年、彼は外交アカデミーを卒業後、RAPキャリアを開始し、同年、最初の英語のRAPソング「RAP MAN」を作成しました。 2002年に、Dai Bingは彼の最初のソロアルバム「The Brave Heart」を発表しました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語