鳳凰

 “鳳凰”という言葉は中国も外国もあるが、言葉が意味するものが異なる。

 中国の“鳳凰”も“凤皇”と言われ、古代の伝説で百鳥の王と呼ばれる。

 雄鳥は“鳳”雌鳥は“凰”、合わせて“鳳凰”と言い、昔からも中国文化の大切な要素の一つである。

 鳳凰は中国古代の伝説の鳥、多種な動物の特徴を持つ想像上の動物である。古書によると中国の鳳凰の形体は“鳥の頭、蛇の首、ツバメのあご、亀の背中、魚の尻尾、五彩な羽根、高さ2メートル以上…”。

 昔から鳳とメスの龍は同じよう中国人に敬慕され、多様な龍鳳文化が生まれた。古代において帝王を竜と自称する一方、女王も鳳を女性化して自称して、合わせて龍鳳と言われる。中国伝統文化の中で、鳳という言葉は喜び、平和、才能、そして幸福の象徴である。

 中国に対して欧米では鳳凰(フェニックス)の復活という意味を強調する。西洋神話の中で鳳凰(フェニックス)は「アンデッドバード」と「エターナルバード」と称賛され、永遠に生きるの象徴である。西洋文化の中で鳳凰(フェニックス)は復活の象徴だけでなく、さらに愛情の象徴と見られる。そして、西洋文化の中では鳳凰を女性化して龍とセットすることがなく単独で美しい物事の象徴である。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国