避暑山荘になる動物園

 6月から日本各地で梅雨明けが相次ぎ真夏日が続いて、一気に真夏モードになります。気温もグッと上がって、35度以上の猛暑日となるところも多くなるといいます。人々はできるだけエアコン付き涼しい室内に入って、やむを得ず外出する時には、濡れたタオルなどを使います。携帯式の扇風機も大人気です。酷暑にバテているのは、人間ばかりではなくて、動物たちも同じです。この厳しい暑さに、長い毛を覆う動物たちはどうやって避暑しますか?

 北京動物園で、飼育員が綿入れの厚衣を着て、冷凍庫に入り、何十箱の氷をホッキョクグマ館、ヒグマ館、熊猫館、ゴリラ館に運んで送られた。そこの動物は幼いころから北京で生活しているから、寒さに弱い、暑さも弱いので、暑さ対策が必要です。ホッキョクグマ館で冷ドライヤーと専用プールがあって快适です。ホッキョクグマは、氷を一口舐めてから、お客様の顔をじっと見ます。パンダ館には中央エアコンがあるが、会場に向かう門はむしろ開いていた。飼育員は「動物が部屋の中で毎日風を吹かなければならない。吹いたりすれば外に出て遊んだりします」と言います。

 そして、カモシカ、盤羊の獣舎にはかやぶき小屋を作って、雨水を防いで日陰で涼しい。草むらには点滴装置を埋めて、草に水を与えることもできるし、冷やすこともできます。

 実際に、7月になると、動物園の暑さ対策の作业はすぐにスタートして、ほぼ避暑山荘になります。24时间エアコンを開けて、スイカなど凍らせた果物は毎日約500キロを食べて、栄養摂取のために何十種類の野菜を毎日約700キロ与えます。また、グリーン豆乳や氷らせたジュースも絶えません。この厳暑で、「死にかけているのは職員だけです」。飼育員は笑いました。

 日本の動物園も動物のために頑張っています。京都市動物園はラマが体に熱がこもらないように全身を覆う長い毛を刈られって、元気になりました。神戸市立王子動物園でのゴリラが暑さに弱くなりますので、動物園方は何年前1100万円をかけ、霧状の水を噴射するジェットミスト装置2台を取り付けました。天王寺動物園も夏の時1日1~2回、雌のアジアゾウ2頭に15分ほど水をかけます。ゾウは水をかけられるとうっとりと目をつぶり、「あーん」と口を開けて水を飲んだり、鼻に水をためてシャワーのように体にかけたりします。

 一番幸せなのは、和歌山県のパンダです。温度管理された部屋で暮らしていて、普段いる部屋は20~22度で、気温が25度を超える夏の間は外へ出しません。

 暑い夏はまだ始まったばかりです。人も、动物も、この夏を元気に過ごしましょう。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国