劇本殺

 最近、中国の若者の間で「劇本殺」という体験型ゲームがはやっています。市場規模は2600億円を超えと見られています。

 「劇本殺」はゲームで起きた架空の殺人事件をめぐり、参加者たちが探偵ドラマのように推理し、犯人役を突き止めるパターンが多いです。参加者は脚本で決められた役を振り分けられ、店舗の貸衣装を着て、メークをすることもあります。大まかなキャラ設定やストーリーの軸は説明されるが台本はなく、自らの役を演じながらストーリー展開の中で推理を積み上げていきます。参加者は5人程度から多くて10人ほど、物語の舞台は、現代の都市から古代中国の宮廷までさまざま、代や場所を越えてドラマの俳優のような感覚が味わえるのが魅力であります。

 劇本殺の店舗は中国全国に3万店舗以上あり、利用者は940万人に上がります。東京や大阪など日本の都市にも大量な店舗次づに立ち上げて、主に中国人留学生により利用されています。中国の劇本殺市場は2021 年に154億2000万元(約2606億円)に達すると予測され、7割以上が30歳未満の若者です。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室,中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室