摸鱼

 今日は摸鱼という新しいネット用語を紹介します。

 「摸鱼 (もーゆー)」もともとは一つの活動で、農村の川沿いでよく見られます。魚を捕るのと似ています。川から魚をとるという意味です。時間が経つにつれて、この言葉は他の意味も生まれてきました。

 

 一つの意味は成語“浑水摸鱼”によるものです。混乱した状況に乗じて利益を得るという意味です。

 もう一つの意味は最近の若者の中で使われています。それは怠けるという意味です。現在のインターネット関連の業界で多く使われています。今のインターネット業界では“996”という仕事パターンが流行っています。毎日午前十時に出勤します。夜十時に退勤します。一週間に六日間働きます。このような仕事パターンは従業員にとって負担が大きいに違いないです。仕事が忙しすぎたり、自分の惰性があったりして、社員は仕事をしたくなくて、怠けたいです。彼らは仕事の合間に携帯をいじったり、友達と雑談したりします。毎日できるだけ怠けて、仕事に出ても力を出さないです。彼らはこのような行為を「摸鱼」と呼んでいます。

 

 

東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、