蒙恬は筆の製造業の開祖ですか?

 伝わるところによりますと、秦代の名将である蒙恬が国境地帯に駐軍している時に、しばしば秦の始皇帝に軍事情勢を報告していましたが、当時の文字は刀で刻んでいました。軍事情勢が何度も変化するので、文書の往来が頻繁でしたが、刀で字を刻む速度は非常に遅かったのです。

 ある時、蒙恬は急にひらめいて、兵士たちが手に持っている武器からひとつまみの赤いふさを無造作に引きちぎり、竹の竿に縛り付けて、顔料を付けて、白い綾絹に字を書くと、大いに字を書く速度を上げることができたのです。

 この後、彼はまた絶えず改良を行い、北方にはオオカミやヒツジが比較的多いので、彼はオオカミの毛やヒツジの毛を用いて筆先を作り、狼毫筆と羊毫筆を製作しました。蒙恬はそのために筆の製造業の開祖としてあがめられていました。

 しかしながら、文献の記載や考古学での発見によって、人々は蒙恬が毛筆を発明したという説に異なる見方を提起して、蒙恬の前に、すでに毛筆があったと考えています。商代(殷代)の出土した甲骨や陶器には、いくつかの契刻(甲骨に字を刻むこと)を経ていない朱や墨の字の跡があり、筆画には角、円、太い、細いの変化があります。推測では、これらの字は毛筆で書かれた可能性があるという。このほか、1954年には湖南省の長沙で戦国時代の木橔墓が発掘され、副葬品の中に1本の毛筆があり、筆先はウサギの毛で作られており、筆の軸と筆入れは竹製で、竿の長さは18.5センチメートルであり、目下のところ現存する最も古い毛筆です。このことから、すでに蒙恬より先に、毛筆は存在したことを証明することができます。

 したがって、蒙恬はただの秦筆の製作者ですはずで、毛筆の創始者ではありません。毛筆が蒙恬が初めて作ったものではないとしても、彼が筆の軸や筆の毛に用いた材料と製作方法に行った改良は、後世に大きな影響を与えていることには間違いないです。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語