中国アニメ「羅小黒戦記」

 妖精は一般的に人間のような形あるいは考え方を持っている動物です。近年、人々によく喜ばれる猫が妖精として登場するアニメ、映画作品が沢山制作されました。今日は皆さんに妖精の物語の「羅小黒戦記」(読み方:ロシャオヘイセンキ)を紹介させていただきます。

 羅小黒戦記は中国漫画家のMTJJ及び寒木春華スタジオが原作としたアニメ作品です。2011年3月17日から動画サイトで公開した後人気が上昇し続け、中国アニメを代表する作品として成長していきました。WechatのようなSNSで羅小黒戦記のemojiも若者の間によく使われています。何故中国において、羅小黒戦記はすごく人気していますか。

 一つの原因として、羅小黒は猫の妖精です。アニメの設定として、妖精は人間から正体を隠し、あるいは人里離れて暮らしています。主人公としての猫の妖精羅小黒は、猫の姿をした妖精で、人間の子どもや化け猫のような姿に変化することができます。特に猫としての姿は可愛くてたまらないです。

 小黒はもともと森で楽しい日々を過ごしていたが、人類の開拓により、暮らせる場所を探す旅に立ちました。旅の途中で妖精と人間の仲間たちと出会いました。その間に、小黒は二人の友達を出会った後に、信頼、理解と責任を学びました。さらに具体的な物語はとりあえずここで省略いたします。

 羅小黒戦記はただ猫のもの物語だけではなく、成人たちでも楽しめる心を癒す物語です。これは多分人気のもう一つの原因だと思います。日本で今年11月7日に吹替版が公開する予定なので、皆さん是非ご覧ください。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語