ライブ配信

 “マジか、このお茶がとてもいいのでみんなぜひ買ってくださいね!”

 このような観客の声を聞きながら商品を売り込むというライブ配信を見たことがある?中国語でこのようなライブ配信が“直播带货”と呼ばれる。

 KoLっていう言葉を多少聞いたことがある?KoLはKey Opinion Leaderの略で、特に中国の消費者の購買意志決定に影響力を持つSNSユーザー(インフルエンサー)をKOLと呼ばれる。フォロワー数の多いWeiboやWeChatのアカウントや著名なブロガーなどが該当する。市場規模が大きく、フォロワー数が1億~8000万を超えるKOLも多く存在する。

 2017年にKoL達が自分のライブ配信中で商品(化粧品、服、家用電器など)を売り込むことをしはじめて、“直播带货”が新しいライブ中継のジャンネルになった。一回のライブ配信だけで千万元までの売り上げも達した事例もあったから“直播带货”がどんどん大流行になってKoLだけではなく俳優有名人、ディーラーや政府関係者までも“直播带货”をしはじめた。

 コロナウイルスの影響で地方産業や農業が非常に大きなダメージを受けている。地方経済振興のために、政府関係者が直接ライブ配信で地方名産物などの紹介や評価づけをして勧誘販売をする文頭のような場面になった。そして、外出が制限され、実店舗が開かない今では、好きなKOLや信頼できる人物からのコメントが重要な購買決定要因になるので、“直播带货”の大流行の促進剤になった。

 ただし、品質問題が発生しないとも限らないとか、実物と想像したものとは違うこども起こりうる。更に、購入金額のインパクトを作るために、政府関係者が部下に商品を買わされるような事件が発生することもあるそう。

 “直播带货”では消費者にとって商品特徴を理解する最速のルートになるし、割引価格などの優待ももらえるかもしれない。ただし、配信者により、偽データや偽情報もあるのでキッチンと判断してから買うかどうかを決めてください。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国