暇つぶしに涼皮を作ってみませんか?

 今年の春節は例年とは違います。以前の春節頃は、人々は旅に出るや親戚や友人を訪ねるが、今年はちょっと特別です。コロナウィルスの影響で、みんな家にこもっています。このご時世ですし、飲食店が全部閉めていて、出前も頼めない状況が続いています。みんなずっと家にいたら、暇つぶしに、たくさんのことをし始めました。たとえば、「涼皮」をつくるのがその一つです。今回はその「涼皮」の作り方を紹介したいと思います。

1.まずは、小麦粉500グラム、塩約3グラムを生地にして、湿らした布で約30分間覆います。

2.上記で得られた生地を大きな容器に入れ、適量の水を加え、少なくとも3時間静置し沈殿する。沈殿が完了したら、上のほうの水を捨て、スプーンで下の方の溶液をかき混ぜる。

3.鍋に水を入れ、沸騰させてから、特製の容器に少量の油を塗ります(この容器別にこだわる必要はありません、ない場合は、クッキーの容器のような金属の蓋状なものでいい)。適量の溶液を容器に入れる。溶液の量は個人の好みによって決めます、より厚い涼皮が好きな場合はやや多めに入れ、より薄い涼皮が好きな場合は容器の底が均等に覆われるぐらいの量でいいです。次に容器を鍋に入れ、カバーし、弱火で3分蒸す。

 これで一番簡単なバージョンの涼皮は完成です。そしたら、自分の好みで、調味料を入れます。普通はごまたれ、お酢、辛子など入れるが、私は甘味が好きなので、蜂蜜を入れます。みんなさんも試しに、作ってみませんか。実際の操作はもうちょっと難しいので、作り方は、動画を参考してください。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国