中国でJK制服が人気になる理由

 新型コロナウイルスの影響で、たくさんの業界が不景気に陥ってしまい、アパレル業界においても、多くの店舗が一時閉店され、服装の売り上げが大きく落ち込みました。しかし、春節休みの間、中国の通販サイトでJK制服の売り上げは5億元(76億円)を超え、人気の制服はすぐ完売しました。日本でどこにでもよく見かける一般的な学生の制服は、なぜ中国で人気急上昇なのか?

 学生の制服は、もともとヨーロッパで生まれました。管理のため、学校は学生が同じ様式の服を着ることを要求しました。統一された学生制服を着ることで、学生の身分と若者の活力を表すこともできて、青春の象徴でもあります。日本発信の漫画やアニメの絵画描写、ドラマや映画の映像、さらにAKB48をはじめとするグループの衣装が中国の若者に日本の制服への憧れを強烈に与えているようです。特に1990年代以降に生まれた若者たちが日本のアニメを見て、JK制服そのものが身近な存在であり、これを着て卒業記念の写真を撮影することもあります。

 また、中国各地に登場して話題になった「日本街」では、「JK制服」を着て写真を撮る女性の姿をよく見かけられます。それがただ娯楽作品の中だけの服装ではなく、日本の若者にとって日常であること、制服にも夏服や冬服などの違いがあること、男女それぞれの学生のデザインの違いなどを、具体的に写真入りで分析して紹介するホームページまでもあります。

 かわいい服はたくさんありますが、なぜJK制服が特に人気なのですか? 実は、現在、中国のネット上で、「破産三姉妹」という言い方があります。ここの「三姉妹」は「漢服」、「ロリータ」と「JK制服」、この三つのファッションスタイルを指します。共通点は、どちらでも女性の美を強調できる服ですが、買うなら破産するほど値段が高いです。その中で、「JK制服」は他の二つより、少し安いということです。要するに、価格も商品の人気に影響を与えています。

 新型コロナウイルスの流行も、中国で「JK制服」が人気になったことと大きく関係しているとの見方もあります。現在は国と国との間の人の流れが制限されていますから、コロナ禍の前までは日本は中国の若者に人気の旅行先でしたが、日本に旅行に行けない若者が、日本風の商品を購入し、日本っぽい体験を求めています。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語