空城の計

 三国時期諸葛亮が北伐をしていた時の話ですが、味方の兵が出払っていた時に、司馬懿が大軍を率いて城に迫ってきます。そのとき、諸葛亮の周りには名将はおらず、一部の文官だけがいました。彼が率いた5000人の軍隊の半分は穀物や草の運搬に出かけ、2500人の兵だけが残っていました。 司馬懿が軍を連れて来たという知らせを聞いて、民衆は皆ショックを受けました。 諸葛亮は城塔に登って状況を観察し、群衆に向かって 「心配するな、私はちょっとした作戦で相手を撤退させることができる」と言いました。

 そこで諸葛亮は、すべての旗を隠すように命令を出しました。 兵士たちは動かないように命じられ、個人的に外に出た者だけでなく、大声で騒ぐ者がいれば、すぐに斬首されることになっていました。 また、四つの城門を開け、各門に庶民の格好をした兵士20人を派遣して水で街を掃除するように命じました。 諸葛亮自身が二人の小学童を率いて,ゆっくりと城の上に来ました。彼はお香を焚いてから、ゆっくりと琴を奏でていました。

 

 あたかも近づけば、「罠が待ち構えているぞ!」と司馬懿に思わせたかったのです。この光景を見た司馬懿は、「孔明は普段から危険な事をしない。城を開け放っているのは罠がある証拠だ」といい、安全を考慮して撤退しました。

 諸葛亮は、相手が司馬懿という知恵者だったからこそ、これを実行したのです。圧倒的兵力差があるこの状況下で、急いで逃げても司馬懿に捕まるだけだと思った諸葛亮の起死回生の策でした。ただこれは、三国志演義だけの話ですが、正史では本当に空城の計を使ったなどの話は出てきません。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語