皇帝の愛情

 今日は歴史上における皇帝の愛情を紹介します。愛情とは何でしょうか。以下の二つのストーリーを読んだ後、国を支配者としての皇帝はこんな愛情があることについて、何を思い出しますか。

「寵愛を一身に受けた董鄂妃と順治帝」

 清、中国最後の王朝の第3代皇帝順治帝・福臨(フリン)と満洲正白旗出身の皇貴妃・董鄂妃の愛情はたくさんバージョンがあります。民間で二人の苦難に満ちた恋愛エピソードを広く伝わります。

 順治帝の母は歴史上に有名な孝荘文皇后である。太宗皇帝を崩じた後、6歳のフリンを帝位につけました。1651年にドルゴン逝去した際に、順治帝は13歳の時、親政が始まるのです。「民を救う」という政治を心がけて、次代の康雍乾盛世の黄金時代を導く役割をしました。

 十八歳に後宮に入った董鄂妃は順治帝に深い寵愛を一身に受け、順治13年(1656)八月に賢妃に立てられ、十二月に皇貴妃になりました。順治15年に彼女は順治帝の第四皇子を産むこととなって、皇子を可愛がり、順治帝はこの皇子を皇太子にしようとさえ考えてきました。しかし、皇子が生まれるものの、わずか三ヶ月で夭折してしまいました。順治帝は悲しみを抑え息子に栄親王の追号をされ、董鄂妃を慰めように望みます。悲しみに暮れる彼女が病気になって、1660年八月に薨去しまりました。

 董鄂妃を亡くしてからは気落ちし、その4ヶ月後順治18年1月初7日に、順治帝は天然痘により若くして急逝された、享年24才です。一説によると、順治帝は悲しい過ぎて、五台山清涼寺に出家したという伝説もあります。

 最愛の妻に先立たれた事に直面した順治帝は、皇帝としての一番強い権利を考えず、妻を亡くなったとともに自分の命も妻と一緒に奪われたような状態になりました。

「一人の人だけを愛した皇帝」

 明朝の第10代皇帝弘治帝(こうちてい)・朱祐樘、廟号は孝宗(こうそう)、後世の史家より明中興の祖と称されています。

 弘治帝の后妃は張皇后一人だけです。成化23年(1487年)、張皇后は皇太子であった朱祐樘の妃に選ばれ、同年のうちに朱祐樘が即位し、皇后に立てられました。弘治帝と張皇后は宮中で民間の夫妻のように起居をともにし、中国歴史上に唯一の一夫一婦制を実行した皇帝になりました。

 この二人の恋愛を語ったロマンティックなストーリーは少ないですが、あの時代に皇帝としての弘治帝は一人の人だけを愛することが非常に珍しいです。

 以上を紹介した二人とも国がよく治まっています。残念ですが、二人とも若くして崩御しました。もしかして、感情が多いかしこくて才能がある人は早逝しやすいでしょうか。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語