なんで外食のギョウザの方が美味しいですか?

 中国では古来からこういうことわざがあります:“站着不如倒着,好吃不如饺子”。「立つより横になった方が気持ち、もっとも美味しい物といえば餃子」。確かに、ギョウザは美味しくないと考える人がいないだろう。

 ギョウザは中国の伝統的な食べ物です。中国で祭り、春節の際、家族と一緒に家でギョウザを作って食べることは定番です。特に、中国の北方に住んでいる人たちとして、ギョウザはもっとも普通な日常の主食とも言えます。ギョウザの作り方はたくさんありまして、日本で一番人気がある作り方は焼きギョウザに違っていないが、中国において、やはり水ギョウザの方が人気なんですよ、そのほかには、蒸しギョウザと揚げギョウザのような作り方もありますが、中国人は「餃子」という単語を聞いたら、まず脳に思い浮かぶのは水餃子なんです。そして、日本でつまみとしてギョウザを食べるのと違って、中国で主食として食べる場合が多い。なので、初めて日本に来る中国人は日本人が餃子とライスを一緒に食べる光景を見たら唖然するのも無理もないです(笑)。

 こんなおいしい料理をついつい家で作ってみたいですね!でも皆さんはご自分で作った餃子を食べる際に、なんで外食に比べると美味しくないと思う方はたくさんいますね。では、今日は皆様に家庭で作った餃子も美味しくなる経験を紹介しよう。

 一、ギョウザの皮の作り方

 たくさんの人はギョウザを作る時に、ギョウザの皮より、餡のほうが気になっているが、実際には皮の作りもとても重要ですよ。ギョウザの皮の良さは、後でギョウザを出来上がった時の最初の食感を決めるものですから。

 ギョウザの皮を作る時、まず小麦粉にたまご2個、食塩1匙を一緒に入れて、適量の40度の温水で揉めます。たまごを入れると、ギョウザの皮がしこしこになれて、皮がより十分に揉めば、よりいい食感になります。

 二、食材の選択

 一般的に、肉ギョウザを作る際に、肉の選択も注意しなければなりません。普通の餡は豚のももの前部の肉は一番良い。もも肉は吸水性がよくて、少し水をいれて揉めれば、食べる時はさっぱりな食感になります。個人と家族の食習慣によって、豚肉にこだわらず、例えば、エビのまるごとの剥き肉もいい選択です。

 中国で定番な餡は“猪肉韭菜”“猪肉大葱”“素三鲜”“肉三鲜”です(順で豚肉ニラ、豚肉ネギ、剥きエビ卵ニラ、豚肉卵ニラ)。さらに、地域によってみんなの好みも変わりますが、東北地方だと、“鲅鱼馅”“酸菜海蛎子” (順で豚肉さわら、発酵した白菜とかき)も不動の人気を誇っています。そして、野菜を選択する時は、もちろん新鮮な野菜を使用します。注意していただきたいのは、新鮮野菜の水分含有量が高いです。そのままちぎって餡に入れたら、餃子は破くなりやすいです。ちぎった野菜に使用する前に一度少量の塩をかけ、15分を待ちます。余分の水を軽く絞ってから餡に入れましょう。あるいは、野菜を水に半熟で茹でて、余分の水を軽く絞ってからちぎります。

 三、餡の作り方

 お肉はスーパーで挽肉を買って使うのは普通なことですが、実はお肉を包丁でしっかり切れることが一番勧めです。このような処理方法は機器の処理より、肉の弾力性を保存できます。手間かかりますが、味は全然違いますので、ぜひ試してみてください。

 そして肉と野菜の組み合わせは1:1の方がゴールデン比例です。肉と野菜を十分に揉め合わせて、中に少しごま油、醤油、食塩、生姜と胡椒を入れば、箸が時計回りで、餡を完全に融合するまでにかき回します。最後に、できた餡の上にネギを撒いてで完成です。ネギを餡に混ぜ合わせないほうがよりネギの香りが残せます。

 ギョウザの手作りの方法は大体これで紹介が終わりました。皆さん、このスデープに基づいて、ギョウザをご自分で作ってみませんか?

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語