漢服ブーム

 漢服(かんふく、簡体字:汉服)は、漢民族の伝統的な民族服のことで、また漢装(かんそう)とも言います。漢服は漢民族の伝統的な服飾で、黄帝が即位した紀元前2500年ごろから1600年ごろの明の滅亡まで、4100年間の装飾物・礼典体系の総称です。また、漢民族が代々着用していた民族衣装の名称としても用いられます。透明で独特な「飄逸感」、長い袖・襟・襦・袴、歩く時のさやさや揺れる感覚が漢服の特徴です。

 今の中国では、町中特に観光地には、漢服を着る人が増えました。漢服そのものがもはや風景になっていると言っても過言ではありません。そのエレガントなスタイルと古典的な美によって、人々の注目を集めました。 中華伝統文化の復興に連れて、2019年度の漢服の売り上げは前年と比で146%増加しました。全国の漢服市場は200万人以上の消費者がおり、総産業規模は約10.9億元に達しました。

 漢風ブームは徐々に形成され、亜文化から世間がよく議論するトピックへと確実に変化しています。 2003年、王楽天という普通の労働者が漢服を着て鄭州市の町中を歩き、話題になりました。

 その時は、国内のインターネットフォーラムが増加した時期であって、一部の若者が漢服についてネットで宣伝し、人々に漢服文化に注意を払うよう呼びかけましたが、当時では、彼らは主流社会に認められていませんでした。

 しかし、その十六年後の今では、漢服を着ることは若者にとって、人気のあるファッションになり、漢服文化は新聞でもよく見られる主流文化になりました。

 漢風ブームの出現は、一見若者によって促進されていますが、それも実は過去30年の中国学ブームの影響で、伝統的な中国文化の復活の象徴かもしれませんね。
キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語