パンダといっても、実は熊ですよ

    皆さん、最近はどうお過ごしでしょうか。今日はパンダについて紹介します。

    皆さんはパンダに対しての印象はどうですか、やはり可愛いと答える人が一番多いでしょう。中国語ではパンダを「大熊猫」って言います。猫みたいな可愛さを持つが、実は熊です。

2009年に、中国の科学者はパンダのDNA測定を完了し(「Nature」、2009)、パンダには合計21ペアの染色体(人間より2ペア少ない)と合計20,000以上の遺伝子(人間と同様)があることを判明しました。そして、一つ分かったのは、パンダが食肉目のクマ科の亜種に属していることです。

    それでは、なぜパンダが肉を食べなくなったのでしょうか。主な原因は、進化の過程でT1R1と呼ばれる遺伝子を失い、それ以来肉を食べても、味がなくなったためです。古代のパンダの体型は今よりも大きくなるはずであり、お肉を食べます。今日のパンダの解剖学的証拠を見てみましょう。パンダの器官はまだ肉食動物の特徴がある、例えば、消化管は短く、盲腸もありません。最近、アメリカの科学者たちは、パンダの耳が黒いのは、他の動物を威嚇し、凶暴かつ肉食っぽい印象を表すためであることと推測しました。

 

    DNA測定の結果、パンダには竹繊維を消化する遺伝子を持っていないこともわかりました。食べられた竹繊維は腸内細菌叢によって消化されるため、竹から提供されるエネルギーは実際にはそれほど多くありません(消化率は17%にすぎず、これはガチョウの24%よりも低いです)。エネルギーを確保するために、パンダは1日の時間の43%は寝ている。残りの55%を食事に費やしています。ちっと面白いのは、消化不良のため、パンダは1日48回も排便し、総重量が50 kgを超えることです。つまり、パンダは、竹を食べて眠ることが大好きで、肉は好きではないクマです。

    ただ、木に登るのが得意で、可愛らしさで生活するクマはそんなにいないでしょうね。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語