暗黒料理

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出自粛で家にいる時間が長くなりましたので、みなさんは自分開発を始めました。料理が苦手で、腕を磨きたいけれど、誤って暗黒料理を作ってしまう人もいて、とても面白いです。

 「暗黒料理」、または「闇の料理」は、最初に日本の「中華一番!」に由来した言葉です。元々は漫画の中に出てくる「裏料理界」が作った美味しいですが、有害な料理です。現在は不明な材料や妖しい手法で作られたものとして、完成品の形、色、味、匂いが不気味で、食べられないように見えるものが挙げられます。

 黒いのと暗いのと、どちらも料理に使うべきではないように見えるので、暗黒料理はどんなものか想像できません。初心者や料理が下手な人が作った見栄えが非常に受け入れられない料理や食べ物を形容します。時にはユーモアの自嘲的な表現でもあります。また、特定の材料ややり方が特別で、普通の人が食べられない食べ物を指します。

 数年前、中国のある大学の食堂は、「青龙过海」(青龍が海を渡る)というメニューを提供しました。それは切られないキュウリをネギと炒めるものです。自分の想像外の個性的、独創的な料理ですが、見た目や使っている材料、調理法によって、「うわっ!」と一瞬思ってしまう「おかしい料理」のことのようです。実は、「青龙过海」は中国の雲南省ではとても有名なスープで、見た目も食欲があります。

 それとは対照的に、その大学食堂のメニューは本当な暗黒料理です。

 「辛くなければおいしくない」を守り抜く四川省では、時々よそから来た人には想像できない辛い料理を作ります。去年の夏、あるドリンクショップが作れた火鍋ヨーグルトはネットで話題になりました。

 その店の紹介によると、火鍋ヨーグルトはプレーンヨーグルトを火鍋のスープに見立て、火鍋に入れる各種スパイスやトウガラシをミックスしています。ヨーグルトとこれらのスパイスが見事にコラボし、口に含むとヨーグルトの酸味と甘みのなかにもピリッとした辛味が広がり、ユニークな味わいを楽しむことができるのだと言います。四川省の成都市で流行するようになりましたが、辛い物が苦手な人はそれを聞くと、「何とも言えない気持ち」といった微妙な心理状態になります。

 「暗黒料理」は変に見えるので、たまには試してみたいという人もいます。皆さん、このような「暗黒料理」を食べてみたいですか。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語