刀削麺

 日本の街でもよく見られる刀削麺を、ご紹介させていただきます。

 日本にも看板料理とした飲食店があるので、刀削麺をご存知の方もいるのでしょうか。刀削麺は“麺のふるさと”とされる山西省から発祥しました。昔、民族争いで、武器になるような刃物はすべて取り上げられた漢民族が、薄い金属を自作して刀をつくり、麺を削ったのが発祥とされています。現在、刀で削る麺と書きますが、刀と言っても戦の為の刀ではなく、麺を削る専用の刀、つまり包丁を使います。少し厚みのある缶などで包丁を自作し、刀削麺を削る職人もいます。

 小麦粉生地のかたまりを木の板にのせ、直に包丁を入れ、麺を一本ずつそぎ切りにしていきます。かたまりを包丁で削ると同時に、そぎ切りにした麺はそのまま宙を飛び、グラグラと煮え立つ鍋の中へいきます。高い技術が必要とされるとともに、ショー的な要素も高く、人気の麺料理です。

 刀削麺以外の多くは、麺の表面に粉をまぶして伸ばしますので、表面がコートされた状態ですが、刀削麺は削った麺をそのまま茹でているため、表面が直接茹でられるので、ゆで時間が短くて、麺とスープがよく絡みます。短時間で茹であがるので、麺のモチモチ感を味わうことができます。うどんの麺よりも若干太めで、一本一本は短く不揃いというのが特徴になります。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語