竹内亮監督と大涼山

 日本人キュメンタリー監督である竹内亮さんは中国南京に住んでいます。10年前、日本のNHKテレビ局の従業員として、竹内亮さんがドキュメンタリー「揚子江の大旅」を撮影するために大涼山にやって来ました。「ここの人々はとても貧しい」というのは彼の記憶です。

 今は、貧困脱却政策のおかげで、大涼山前の姿がなくなりました。竹内亮は、「かつての大涼山が今どうなっていくのかを自分の目で確かめる」ということでやってきます。大涼山の停留所に到着した後、竹内亮さんは崖の村に行きました。ここの地形は険しくて、村人が山を下りたい場合は、最大800メートルの高さの崖を登る必要があります。 2006年まで、村人たちは地方自治体の支援を受けて、6,000本以上の鋼管を1本ずつ背負って崖の上に置き、崖の下に鋼製のはしごを作りました。竹内亮さんが鋼製のはしごを通じて、崖の村に行きました。村人の中には山を下りて崖の村から山麓の昭覚県に移り住み、国が提供する無料の住宅に住み初めた人もいました。

 竹内さんはWeiboを通じて、特別な貧困支援のプロジェクトであるサッカースクールを発見しました。これは、地元の教育部門がサッカーを通じて貧困を脱却することを目的として、スペインのレアルマドリードサッカークラブと協力して推進しているプロジェクトです。ここでは、成績の良い学生がスペインでサッカーを学ぶ機会を得ることができます。

 しかし、イ族の子供たちにとってポロのサッカー選手になることは簡単ではありません。通常、彼らは泥のサッカー場でしか練習できず、最終的に選べられる選手は多くありません。竹内さんが彼らの夢を聞いたところ、少年の一人がカメラに向かって「サッカーをやり続けることが夢だ」と語りました。「なぜか」と聞くと、「武磊さんのようなスターになるなら、両親を大都会に連れて行くことができるのだ」と言いました。

 この旅の間に、竹内さんは学生の一人、オムの家も訪れました。オムの両親は以前蘇州で働いていたが、自分は教育レベルが限られていたために多くの挫折を経験したから、自分の子供たちが教育を通じて運命を変えることを期待して、教育を重視しています。

   竹内さんはこのドキュメンタリーを通じて、より多くの人々が大涼山の本当の姿に知り、より多くの人々が貧困支援の結果を明確に認識し、またより多くの人々が大涼山の村人の貧乏さをよく理解してもらいました。


中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室,中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室