中国の紅葉狩り

 紅葉と月は秋の代表だろう。秋になると、木の葉の色が変わり始める。鮮やかな赤と黄色が消えている緑に取って代わる。「霜叶红于二月花」(霜葉は二月の花よりも紅なり)という唐詩の一句も頭の中に浮かべる。

 東京で、明治神宮前公園、高尾山、新宿御苑などたくさんの場所での紅葉が見える。休日になると、紅葉狩りに行く人々も多いだろう。鮮やかな紅葉が山、街を彩る風景は、世の中の人々を虜にしている。中国にも、紅葉狩りの名所もたくさんある。今日はこういうところについて少し紹介しよう。

 新疆を言うと、皆さんはカナス湖を思い出すかもしれない。だが、カナスの紅葉も有名なものだ。高海抜地域に位置する新疆は一日中にも四季が感じられ、一目で青い空、白い雪山と赤い紅葉を見える。高原の爽やかな空気で、人がこの美しい異域の秋に浸れている。

 北京の香山の紅葉も中国に名を乗り、よく知られている。10月の中旬から、11月の下旬まで、紅葉はオレンジ色から深い紅、最後は紫色になる。新疆カナスで遠見の紅葉と違い、香山の紅葉はじっくり山を登り、細部の景色に味わう。古い階段で、両側から舞い降りる紅葉と衣一緒、秋の侘しさが感じられる。

 続いて、四川の米亜羅「発音はミヤロ」を紹介する。中国の最大の紅葉景色区域として、米亜羅は当地の方言で、遊びのダムの意味だ。北京の香山の180倍の面積を持つ自然保護地域なので、満山の紅葉は豪放と言われても過ぎない。米亜羅の紅葉は山頂から川辺まで、グラデーション画然で、紅葉の色の変化は一目で見られる。

 中国における他の紅葉の名所もたくさんある。今日はこの3つの場所だけの紹介が終わる。皆さんはネットで紅葉を見るより、一回中国の秋の紅葉狩りにも行くか。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語