「中華料理」=中国の本番料理?

 もし、皆さんに世界各国の代表的な食べ物を聞く時、イギリスのフライフィッシュとか、韓国のビビンバとか、アメリカのハンバーグはすぐ目の前に浮かべるかもしれません。中国の料理について、「天津丼」、「上海蟹」あるいは「冷やし中華」を思い出す人も多いでしょう。日本人の間に「中華料理=中国の料理」と思う人が多いでしょう。しかし、日本人がよく知られている中華料理は本当に中国で存在している本番料理ですか。

 中華料理はおいしいですね。日本で中華料理を好き人の数も多いでしょう。しかし中国に行けば本場の中国料理が食べられると思って期待していくと予想していたものとは全く違うものがよく出てきます。その原因はなぜでしょうか?

「上海ガニ」

                 

「天津丼」

 それは日本人が食べている中華料理は本番の中国料理と思っているが、実際には中国に存在してません。上海ガニは確かに上海の名物ですが、前文で言った「天津丼」は、大正時代に起源してから、日本人の間に結構人気を持っていますが、中国天津市のみならず、中国大陸には相当する中華料理がありません。日本独特の中華風料理です。「天津丼」の作り方はそんなに難しくありません。芙蓉蟹、芙蓉蛋をご飯にのせて、とろみのあるタレをかけると出てきます。皆さん自分で作った経験がありますか。

「中華冷麺」

 「冷やし中華」は中華冷麵とも呼んでいます。中華冷麵は中国における北部の朝鮮族の伝統的な麺食です。伝統的な中華冷麵は蕎麦から作られるが、日本において小麦粉から作られる場合が多くて、食感が違っていますよね。そして、中国の伝統的な「暖かい飲食文化」は日本と全然違っています。例えば、日本でお冷を用意する店が多いですが、中国において、夏にしても必ずお湯あるいは常温水を準備しています。この原因で、中華冷麵は中国におけるそんなに人気ではないが、日本において、各飲食店の「冷やし中華の販売」はなんか夏の宣言になります。

 最近は「天津の甘栗」という名の栗のつまみもところどころ出ています。しかし、中国における天津の栗はそんなに有名ではありません。中国人々が栗を言及する際、天津との関係は思い出しません。ではなぜ日本で甘い栗を「天津の甘栗」という名を付けて販売しますか。多分「天津の…」で名付けると、「これは確かに中国からのものだ」と思う人が増えるかもしれません。消費者の食べてみてる意欲を引き出すのでしょう。

本番中華を食べたいなら、どうしましょうか。

 もし本番の中華料理を食べたい場合はやはり中国に行ったほうが一番いいでしょう。そして、日本で店名の中で「中華」を含む店は逆に本番ではない場合が多いです。その原因はやはり、本番の中華料理を作る専門店は自分の店の理念を入れて、店名を選んだ時、もっと意味深い名を選択するかもしれません。皆さんは本番の中華料理を探すとき、こういう方法で探すといいかもしれませんね。

 中華料理にしても、中国の本番料理にしても、もし好きなら、いい食べ物でしょう。では、皆さんはどの中華料理が好きですか?

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語