中国歴史に大きな影響を与えた名人

 皆様、最近はどうお過ごしでしょうか。今日のブログは、中国の歴史に大きな影響を与えた人物を紹介したいと思います。

 孔子(紀元前551- 紀元前479)、儒家学派创始人、世界中最も有名な文化名人之一、中国の『千古の圣人』。孔子は中国历​​史上最も偉大な思想家教育家であり、中国文化の象徴と言っても過言ではありません。中国人の两千年の間のルールを定めた人であり、彼の思想と学説は古代社会のイデオロギーと哲学そのものです。

 始皇帝(紀元前259 – 紀元前210)は、古代中国の戦国時代の秦の第31代君主、名は嬴政または趙政です。現代中国語では、秦始皇帝、または秦始皇と呼称されています。秦王政として即位したのち、紀元前221年に中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げると、歴史上最初となる新たな称号「皇帝」に即位し、「始皇帝」と名乗りました。皇帝制度の創立者であり、「旧時代の封建制を廃止する、郡県制を設ける、 駅站を結ぶ道を敷設する」などの政策を実施し、「千古一帝」と呼称されています。

 老子(ろうし)(紀元前571- 紀元前471)は、中国春秋時代における哲学者です。諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置きました。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられています。中国历史上もっとも伟大な哲学家の一人、老子の著作「道德経」「易経」は、中国人の思想にもっとも深遠な影響を与えたと言われています。

 蔡 倫(さい りん、50年- 121年)は、後漢の宦官です。字は敬仲、現在の湖南省桂陽郡耒陽県に生まれました。蔡 倫は孔子、始皇帝、老子と一緒に名前を並んだのは、木の皮や竹、絹の布などに文字が書かれていた時代で製紙法を改良し、実用的な紙の製造普及に多大な貢献をしたからです。紙によって、知識を伝授、保留するコストが減り、貧乏人にも知識を学ぶことができました。

 武帝(ぶてい紀元前156年-紀元前87年)は、前漢の第7代皇帝です。武帝の治世下で、前漢は最盛期を迎えました。中国の漢民族王朝を築き上げた画期的な巨人です。 武帝は文化システムを構築し、中国の2、000年の間の儒教主義文化の基礎を築き、本質的に漢民族の最大の貢献者と思われています。ちなみに、武帝は、初めての年号を使い、一年の初めを正月に決めた皇帝です。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語