中国人気アプリランキングトップ3

 皆さんは日常の中では一番使われているものは何ですか?多くの人の答えは「スマホ」になるでしょう。日本総務省の平成30年版情報通信白書によりますと、2017年の世帯における情報通信機器の保有状況をみると、「モバイル端末全体」及び「パソコン」の世帯保有率は、それぞれ94.8%、72.5%となっている。また、「モバイル端末全体」の内数である「スマートフォン」は、75.1%(前年差3.3ポイント上昇)と上昇しており、「パソコン」の世帯保有率を上回りました。スマホはいろいろなアプリによって、人々の様々な需要を応えることができます。今日は、中国でよく使われているアプリを紹介したいと思います。

 WeChat(ウィーチャット、中国語: 微信(Wēi  xìn) 、ウェイシン)は、中華人民共和国大手IT企業テンセント(中国語:騰訊)が開発したインスタントメッセンジャーアプリである。「微信」とは、中国語で微少の文字数の手紙を意味します。簡単に言うと、中国版のlineです。

 知乎(ちこ、チーフー、ピン音: Zhī Hū)とはユーザーコミュニティで作成、編集、運営を行う中国Q&Aサイトである。2011年1月26日にアメリカのQ&AサイトQuoraの要素を倣って、ウェブサイトを立ち上げました。アカウント数は2014年1月末時点で400万を超える。 2012年2月に「发现更大的世界」(より大きな世界を見つけよう)をスローガンとした。スマホに対応する「知乎」、「知乎群组」、「读读日报」(旧名「知乎日报」)と「公益壹点通」4つのアプリケーションも公開されました。しかし、知乎の質問は回答は誰でも書けるので、よく真実性が疑われます。「回答のお誘いどうも、今アメリカにいる、飛行機を降りたばっかり」というのが多くの回答に書かれているが、本当かどうかはわかりません。

 TikTok(ティックトック、中国語: 抖音短视频、略称:抖音(Douyin)) は、中華人民共和国のByteDance社が開発運営しているモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。音符状のロゴは「抖音」の拼音表記「Dǒu yīn」の頭文字「D」に由来する。また中国語名の「抖音短视频」のうち「抖音」はビブラート、「短视频」はショートビデオという意味です。

 現代生活では電車に乗る時、注文を待つ時、待ち合わせの時、わずか数十秒から数分間、何をするにも足りない時間だが、何もしないのももったいない。この時、その需要に応え、TikTokが生まれました。配信者を指す「TikToker」たちは想像力を生かして、面白い内容をこの15秒から1分間のショートビデオに詰めました。

 みなさんも、試しに、使ってみませんか?キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国