自分の外見に不安している中国女子たち

 人々は自分自身を美しくするために、多くの方法があります。美しさを追求すること自体に問題がありませんが、外見を評価するスタンダードは一つしかなくなります。さまざまな影響を受けて、美しさには徐々に基準があるようになります。例えば、白い肌、小さい顔、A4サイズのウエストが挙げられます。多数の中国女子たちは自分のいわゆる「欠点」を簡単に見つけて外見の不安に陥ります。

 最近、「太った女の子にとってこの世界はどれほど悪意があるか」というWeiboのトピックが注目を集めています。この話題は、少しふっくらしている無数の女性の悲惨な現実と、彼女達の外見と体重に苦しんでいる現実を反映しています。この状況を変えるために、沢山の女の子は必死に体重を減らしたり、整形手術をうけたりしています。

 外見に不安する理由は非常に複雑です。社会全体が美の定義を唯一にしている一方で、一部の商業組織は、利益のために彼らが言う美しさだけが本当に美しいという雰囲気を作り、美の評価基準を狭めています。この基準を満たしていない場合、女性を醜く評価します。

 あるSNS投稿は「私は身長161cm、体重54kgですが、私の母親にさえ、太りすぎて体重を減らそうと促されています」と不満を述べました。身近い母親さえ自分に非難することがありますから、自分の顔に不安になることはおかしくないです。

 そして、幼い頃から浸透してきたこの美的基準は、まさに社会全体の審美は単一化することになる重要な原因です。さらに、一部の整形組織は「高い顔面値を持っていることは正義である」や「整形は運命を変える」などのスローガンは社会全体に向けて宣伝します。

 外見への不安はさまざまなネガティブな影響をもたらす可能性があります。整形外科に人生の幸福と成功を整形外科に頼む若者はこの道をどんどん進めていきますが、もともと重視すべく内面の質の向上を無視し、結局、望む成功を達成することができません。その他、整形手術の経済条件のない、または整形手術の効果が理想的ではない若者もいます。彼らは劣等感に陥り、自分をあきらめてしまう可能性があります。

 審美は決して単一のはずではない、多様で包容的なものでなければなりません。 一人一人が個性的な存在であるため、一人一人の外見の違いはまさに個性の表しです。 特に自分の体の健康を損なう可能性のある方法で、他人の期待に応じるために自分の外見を強制的に変える必要はありません。多様な審美をこの社会に導くために、一人一人の努力が必要です。

中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語 、東京、池袋、中国語教室