エーゲ海

 今回はヨーロッパの有名な観光地—エーゲ海を紹介します。

 エーゲ海はギリシャ半島東部の青い系の海で、南はクリト島に到着し、地中海の一部に属しています。エーゲ海は黒海沿岸国が地中海や大西洋、インド洋に通ずる必須水域であり、運航と戦略において重要な地位を占めています。

 海域は南北に610キロメートル、東西に300キロメートル、海岸線は非常に曲がりくねっています。港湾が多く、島が点在しています。だから、エーゲ海はまた「多島海」と呼ばれています。 エーゲ海については多くの伝説があります。その中で一番有名なのは王に関する話です。

 むかし、クレタ島でミノス国王の息子がアテネで殺害されました。怒った王がアテネの興師に罪を問うと、アテネ国王に条約を締結させました。アテネは七年ごとに子供を七組ずつ供養して、クレタ国王ミノスの息子である牛の首人の怪物ミノ牛享用に供養します。

 アテネはクレタの強大さを恐れて、時間どおりに貢ぎを納めて、市民を不幸にしていました。血気盛んで、国を憂える王子ティシュは自分の臣民たちを救うために、その怪物を殺すことを決めました。王子は、怪物を殺すことができれば、帰りの船に白帆をかけると父の愛琴に約束した。

 クレタ島では、ミノス王の娘がハンサムで勇敢なアテネの王子に恋をしました。彼女はティシズ王子が迷宮から出てきて、怪物を殺しました。そして、貢ぎ物として与えられた子供たちを救出しました。

 帰り道で、神が王子に愛情を放棄しないといけないと指示しました。そうしないと神の罰を受けました。彼は美しい王女を寂しい孤島に残して、悲しく立ち去りました。つらい思いをしていた王子は、父との約束を忘れ、船は黒帆を掲げて一緒に戻ってきました。海に立って子供の帰りを待っていた王様・エーゲは、自分の子供の死の事実を受け入れられず、悲しみの中に海に飛び込んでいきました。この仁慈の王を記念して、臣民はこの海をエーゲ海と呼びました。

 今日、エーゲ海はその美しい景色と感動的な物語のために多くの若いカップルが旅行するための必見の場所になっています。キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語